無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

ちょっと考えればわかるよね

f:id:katayamasayuri:20180702155016j:image

うまくいってると思ってたんだけど、暑くなったとたんバタバタとダメになってしまった感じ。調子がよくない。エアコンつけても、なんか。いっかしょしか涼しくなくて動けん。なんも手につかん。写真は久しぶりに作れたメシ

 

後輩が主宰をつとめる「プラトンチーム」という劇団の公演を観るために高田馬場へ行った。いや、ご本人たちは劇団っていわずにコントチームと名乗っているようなので訂正。プラトンチームという"コントチーム"の公演です。内容はコントの短編集みたいな感じ。オムニバス形式。楽しかった。楽しいの、いいなあと思う。当たり前のことだけど、私たち観客が「楽しい」だけの気持ちでいられるそのために、つくる側は「楽しくない」も経ているんだろうなと思うと、あらゆる"楽しい"のエンターテイメントが尊い。まあ私は客だから本来そんなこと考えんくていいんだけど。内容に戻ると、女ヤンキーの話がよかった。私は中学生的な心を永遠に消し去ることができないから異能バトルものなんかは否が応でも気持ちが高揚してしまう。役者さんがみんな魅力的だった。主宰の永野もあいちゃんが各々の良さを引き出してる感じがした。うわ、しばらく演劇から離れたらびっくりするくらいありきたりなことしか言えんな。なんか、コメディーっぽい舞台やお笑いって「この人が出てきたらきっと何かやらかしてくれるぞ」みたいに思う役者さんがいる時があって、どんなに多くの人が出ていてもその人が出てきたらみんなワクワクが高まるみたいな(与えられている役柄の問題ではなく)、そういうのいいよなあ。今回は、どの役者さんも、その人が出てきたら「おっ」と思った。内容が進むにつれて(役者さんたちの「らしさ」がわかるにつれて)、それぞれの登場に「おっ」と思うようになる。

演劇に限らないけど、風貌や喋り方に、払拭できない「その人らしさ」が出てる人を愛おしく思う。何でもスマートに演じられる、何にでもなれる人はうらやましいけど、何の役を演じてもその人にしかならない、みたいな人は、もうそれは生きる才能だ。私は演劇やってたとき「カタヤマは何を演じてもカタヤマだね」って言われたのがたまらなく悔しかったんだけど、もしかして私すごい才能あったのかも? と思ったけど、きっと私たち誰もが、どんなにあがいても結局自分以外にはなれないんだよな。…って、久々に演劇を観てつくづく思いました。

今でこそ、どちらかというと内向的なほうの表現をやっていると思うけど大学在学中は明るいことしかしていなかった気がする(おそらくその反動が今きている)。ベイブレードとかカードバトルとか異能バトルとか美少女戦隊とかそういうのを死ぬまでやり続けたいんだよな。また私もバカっぽいことだけをやる名義をつくろうかなあ。自主イベントでだけライブやる。笑

昨日は憂鬱で憂鬱で仕方なかったけど、今日は元気になれた。帰り道、都心の街並みがきれいに見えた。


あと行き帰りに駅でそういうファッションの人を何度か見かけて思い出した、そういえば高田馬場V系の街だった。


バナナをしばらく常温に放置したら、大変なことになってしまった。おそらく5日間くらい。いや、買った日から数えたらもっともっとかな。体調があんまりよろしくないから余裕がなくて全然台所に立てなくて、ずいぶん長い間バナナを置きっぱなしにした。今が夏であることを完全に失念していて、気がつくとバナナは室温で死んでいた。感覚としては……普段ジャガイモと玉ねぎを常温に置いていて、だからバナナも同じように放置してしまった感じ。愚の骨頂である。バカか? 自炊が板について、台所まわりのことはひととおり大丈夫になったつもりでいたのに、こういう凡ミスをやらかしてしまううちはやっぱり、まだ、うーん。

どうしてこんな簡単なことがわからないんだろう、っていう失敗があると、結構へこむ。一瞬立ち止まって10秒考えればわかることなのに。根菜は常温でいいよね、トマトは冷蔵庫入れるよね、バナナはどうかな? 暑いとこ置いといたらどうなるかな?って。あーあ、いつもいろんなこと、考えすぎるくらい考えるのにな。今まで、バイトとかその他の場でも、なんかやらかした時に【ちょっと考えればわかるよね?】って(←まんまこれ)言われたことが何回も何回もある。いつも余計なこと考えすぎなくらい考えて想像力働かせてずっとビクビクしてるのに、肝心なところに注意が及ばないのは、何なんだ。

バナナの下に水たまりができてるのに気づいたとき、ちょっと悲鳴が出た。孤独死の遺体もこんなだろうか。

誰にも迷惑をかけない失敗でよかったな。


薬局で、ラメたっぷりのアイシャドウのテスターを試しまくったら、手の甲にいろんな色の銀河が生まれてた


これまで春高サッカーやらワールドカップで、世の中がサッカーで盛り上がるたびに、「オフサイド」がどういう反則なのか人に尋ねてきた。通算300回くらい聞いて今、ようやく少しだけわかった。

なんか、「人と人の間に人がいたらダメ」らしい。

やっぱり何もわかってない気がしてきた。


っていうのを昨日書いていて、そのあと漠然と不安になってしくしく泣いて、泣き疲れてそのまま寝た。起きたら経血が布団に漏れてて、さっきまでお洗濯祭り開催してたところ。

暑い。苦しい。これから赤坂行ってライブ。