無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

きっとうまくいくよ

f:id:katayamasayuri:20181113010056j:image

昨日の記事に書いた「粉」のメモ、何のことだったのか判明した。フェイスパウダーのことだった。たしかに残り少なくなってたんだった。今日買った。

それと一緒に、ハンドクリームも買った。パッケージが最高。抱き合うくまのぬいぐるみ。「きっとうまくいくよ」のメッセージ。最高にかわいい。でもにおいがキツイ。バニラ&ハニーて。プリンに生クリーム乗せたみたいなゲロ甘な香り。暴力。外国のお菓子みたいなにおいがする。でもパッケージのかわいさに負けた。くさい。早く使い切ろ。300円だし。比較的少量だし。

 

 

スタジオに入ってギター弾いてた。曲つくろうと思ったけど何もできなかった。かわりにピッキングとスラムの練習した

スラム奏法。もともと知ってたけど、なんか、先月からふと練習をはじめた。かっこいいな~やりたいな~って原始的な衝動で始めた。ギターに憧れて始める高校生みたいだな。今のギター壊しても別にいいやというよこしまな動機もある。なんかYoutubeで見ても、1か100かみたいな動画しかなくて、初心者に全然やさしくないな。わたし今1ね。「できる」人たち、次の瞬間に100になってんだもんな。10とか50のようすを教えてくれや

 

 すっごい久しぶりにサムピックも使ってみた。ていうか買ってもすぐ紛失するから、久しぶりに買った。昔に比べたら指でだいぶ弾けるようになったしできるかなと思ってやってみたら全然、もうおもしろいくらい、思い通りに弦にあたらない。おっかなびっくり弾いてるからルート全然音鳴ってない。ていうか詰まりすぎ。けど何回も練習したら慣れそう。なんというか弾いた時間と比例して上達しそうなタイプのやつな気がする。楽器とかスポーツって基本、10だけ練習したら1しか身につかないけど、これは4くらいは身につきそう。きっとたのしいね。あと自分の手が拡張した感じがする。指の長さが伸びるというか。手がデカくなるというか。だから手の腹でブリッジミュートしたままルート弾けた。やってみたかったんだよなーこれ。サムピックでカントリー調のやつ。できて嬉しい。憧れてたけど今までできなかったから。なんかミュートがうまくできなくて。やってみたらできたじゃんって気持ち。この、ミュート具合もがんばったら調整できそう。ブツブツ切れてるのを。なんか、手が小さいから、サムピックじゃなくて親指を使うと、こうはできないんだよな。手が大きい人は力技でそれができるから羨ましい。なんかロボットみたいな気分だわ。義手義足みたいな。自分の指じゃない。当たり前なんだけど

 サムピック使ったあとに自分の指で弾いたらやりやすすぎてびっくりした。わたしギター上手くなったかと思っちゃったわ。自分の生身の体って思い通りに動くから素晴らしい。最近、試験的に右手親指の爪を伸ばしてみてたんだけど、指弾きの音が顕著に変わって楽しい。指の腹で弾くと丸い音だけど、爪が引っかかると輪郭がギィンって感じの音になる。親指はわかりやすい。でも爪長いと生活するうえではメチャ不便だ。わたしは爪を長くしておくのが嫌で、ていうか爪が長いこと自体が不潔に感じてしまって、それこそ3日おきとかに爪切る。爪長いの慣れない。米とぎづらいし、顔かゆくて掻いたらニキビ潰すし、風呂上がりはふやけてグニャってなるし、気を使う。

もっともっと爪使うと、爪、割れるとか補強するとかの問題になってくるんだろうな。たんぱく質で出来てますから、爪。わたしは割れるほど爪使ってないけど。軽くググったら、ギタリスト専用の補強剤はもちろんのこと、なんとアロンアルファで補強するとか釣り具用の接着剤で補強するとか出てきて………世のギタリストたちすげえ

 

 

そう、ここ2年ほど、「ギターやめたい期」と「ギター楽しい期」をジェットコースターのように繰り返しているんですが、現在はどっちなのかというと、ご覧のとおりです。

 

 

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」という曲がとっても好き

www.youtube.com

何年か前の、実家に帰省してたとき、炊飯器の隣にあるラジオ(母はわりとラジオを聴く人なので台所にラジオがある)から流れてきて、なんていい曲なんだろうって炊飯器のフタあけっぱなしで、曲が終わるまで聴いてた。「ミュージックパワープレイ!FMとやま、今月の推薦曲です。」って。歌いだしからハッとした。

あー、いい曲だなあ

何がいいんだろ?と考える。似たような他のバンドは素通りしちゃうのに、これは引っ掛かった。なんか、これは違うなあ。すごくいいなあ。何がいいんだろう……歌のメロディーが好き。キーも好きなやつだ。サビがとってもわかりやすいから一度聴いたら覚える。あと、なんといってもこの「うるせえ!行くぞ!(ルフィ)」的な勢いだろうな。ぐんぐん腕を引っ張ってくれるみたいな。勢い。BPM。突っ走ってる。でも上辺だけじゃなくてちゃんと伴走してくれる。切実さ。みたいな

歌詞だけ、テキストとして読んだら、ありきたりなどこにでもあるペラペラのJ-popだなって思う。『これから誰かが抱きしめるよ だから近くにおいで』←誰かって誰やねん、無責任なこと言うなや!思うけど、メロディーがいいから頷かされてしまうし、音楽の魔法、ひいてはギターロックの魔法がかかっていて、泣けてしまうんだよな。わたしやっぱギターロックが大好き

このバンド、こういう曲が他にもたくさんあるのかな?とYoutubeを漁ってみたら、他の曲はここまでガツンとはこなかった。だからこの曲ばっか何回も聴いてる。これ、1枚目のシングルらしい。聴いてみた他の曲も確かにかっこいいけど、アレンジとかすごいかっこいいんだけど。炊飯器の前で立ち尽くしてしまうような曲はなくて。あ、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの主題歌はメチャかっこよかった(それはアニメ見てた補正ですよ)