無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

1205 暗く深い穴に投げる

f:id:katayamasayuri:20181205171821j:image

蛍光の、どぎつい色のペンで書く日記が愛おしい。毎日違う色のペンで書くのが、毎日の楽しみ。これは写真を加工したけど、実際の字は目がチカチカして全然読み返せないんだ。

 

 

 

 

インターネットに曲を載せたり、作ったCDをお店に置いてもらったり、コンテストなどの催しに応募したり、といった行動は基本的に、真っ暗な深い穴につくったものを投げている感じです。だから、投げたそれが誰かや何かに当たったらとてもうれしい。手ごたえは、昔に比べたら少しずつ感じられるようになってきたけども、やはり、暗い穴に向かって投げてる感はずっとある。こんなことを言ったら、聴いてくれてる人に失礼なんだよなあ。ダメね。けど、いつかどこかで誰かに当たればいいなあと思ってこれからも投げようと思った。星新一のでなんかそういう話あったな。星新一ニガテだから読めないけど……

ライブでCD買ってもらえたら、あー、求めてくれる人いるんじゃんって目に見えるんだけどね

 

あと、なんか、わたしだったらの話なんだけど、本当に好きなアーティストには、認知されたくない。好きすぎて。わたしの存在を知られずに、こっそりSNSを見て、こっそり曲だけを聴いていたい。という気持ちがある。みんなそういうのない? わたしだけかな。だから、もし、そういう人がわたしにもいてくれるなら、ひたすらに作って、投げ続けたら、わたしのあずかり知らぬところで受信して、楽しんでくれるね。そういう人、わたしにもいるかな。ていうか全然、そういう聴き方をしてほしいと思っているんだよこっちとしては…… だからもっと体制をちゃんと敷かなきゃなあ

いやー 夢だねえー わたしの知らないところでわたしの曲こっそり聴いてくれてる人がいるなんて。いたらうれしすぎる。

 

推敲も何もない愚痴になってしまった

 

 

あと、今日も相変わらず冬の憂鬱に動きを封じられています。

 

 

昨日は帰り道あったかくて、こんな最高な瞬間には何か好きな歌を口ずさむしかないじゃん!、と思ったけど何も思い浮かばなかった。春みたいな空気に包まれた23時の静かな道路、黙々と自転車こいで帰った。