無限ワンアップ・改

さゆゆのメモ箱

耳に穴をあけるということ

カシャッ

 

と終わる。まるでカメラのシャッターを切られたようだ。針が貫通しているというよりは、耳を引っ張られている感じがする。親からもらった大切な体に穴をあけるなんて!と誰かが言っていたけど、そんな優等生みたいな考えは捨てた、アクセサリーショップにて。イヤリングじゃなくてピアスの方が絶対にイケてるデザインが多い。それでどうしてもピアス穴を開けてみたくなったのだった。

以前、自分でピアッサーを使って穴を開けようとしたことがあった。でも、パッケージを開封していざ針の先を目の前にすると震えあがってしまい、できない。わたしは抜毛癖があるから、自傷行為の観点で言えばピアッサーも同じことだし自分でできると思っていたけど、どうにもたやすいことではないらしい。

そこで、人に頼む。大学の先輩で何かにつけてお世話になっている人がおり、連絡をすると二つ返事で快諾してくれた。まずは片耳に1つだけ開けてほしいと話すと「両方開けちゃえばいいじゃん。どうせ安定するまでは同じ期間がかかるんだし。今日やっちゃえば」とのこと。なるほど、と思いながらドンキでピアッサーをふたつ買う。耳たぶ用と書いてあるものだ。ファーストピアスには誕生石がキラリとあしらわれている。迷わず5月・エメラルドを手に取る。

先輩の家に到着し、ごはんを食べさせてもらったあと、いよいよ穴を開ける。先輩は「冷やしたほうがいいらしい」と保冷剤をとってくる。しばし冷却される耳。

はい、あけるよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュディマリの「そばかす」の歌詞で、

おもいきりあけた左耳のピアスには ねぇ

笑えないエピソード

というくだりがある。これに代表されるように、ピアッシングはネイルや染髪とは異なる、ある種の記念碑的なものだという観念がある。失恋して金髪にしたという話はあんまり聞かないけど、失恋してピアスをあけるというのはなんだか納得させられてしまうのだ。わたしも何かの笑えないエピソードとともに開けたピアスホールだったらかっこよかったし話のネタになるけど、そういうのは勢いのある若い頃じゃないとできないだろう。

記念碑的なものという点では、タトゥーと似ている。不思議なもので、タトゥーを入れている人の多くがそこに何らかのエピソードを携えている。ただ、ピアスホールは、ネイルやタトゥーと違って「育てる」という独特の所有感がある。処置をしたその日に終わりなんじゃなく、月日を重ねるごとに中の皮膚ができて穴がだんだん出来上がっていくのだ。毎日大切に世話(洗浄・消毒)をして、具合を見る。なんだか自分の身体で野菜でも育ててるみたいだ。

他人からギリギリ見えづらいところに勲章があるのは、かっこいい。そうでなくても、傷があるということそのものがカッコイイ。その人は痛い思いをしたのだから。そういう意味でピアスは、わたしにとって大人の象徴なのだった。もしも、もっと若いときに開けてたら、今のわたしはいないかもしれないけど。

早く穴が出来上がってほしい。

 

★追記

ピアスに関して、ブログで過去に言及していた。なんも考えが変わってなくてウケる

katayamasayuri.hatenablog.com

ご来場ありがとうございました。

 

f:id:katayamasayuri:20210428164201j:plain

 

 

振り返るのが遅くなってしまいました。もう木曜なの!?

 


f:id:katayamasayuri:20210428164154j:image

 

あらためまして

2021年4月24日、「なんしても埋まらん穴」

ご来場の皆様、関係者の皆様、配信で見てくれた皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

開演前にウーハのお店の前に列ができてて、私そんなこと初めてだからすごく嬉しかったです。寒い中待たせちゃってごめんね。

 

 

定員20名、来場者数18名。上々でしょう。

一人残らずみんながみんな、何かしらの気持ちを持って来てくれてるのビシビシ伝わって来ました。本当にありがとう。

 

来場者特典のシール、みんなに行き渡ったかな?


f:id:katayamasayuri:20210428164151j:image

 

システム、オール、グリーン、良かったでしょ。でしょう。私が「79点」とかいうボロ採点をしたのは、昔の曲が聴きたかったというエゴイズムからです。笑 新曲たっくさんやってて、今後これがみんなのアンセムになって磨かれていくことを考えると、やはり末恐ろしい子。大好きだよ!

 

私のライブは映像で確認してね 後半です

 

youtu.be

 

 

 

セットリストを載せてみます。

 

 

f:id:katayamasayuri:20210428171331p:image
f:id:katayamasayuri:20210428171336j:image

 

解釈は各々で頼む。最後の曲が暗い未来を示唆しているのかそうではないニュアンスなのか、解釈はみた人に任せます

 

 

 

終演後「今日はいい日だよ〜〜〜帰りたくないよ〜〜〜〜(時刻21:00)」とグズグズする私を「仕方ない人ですね」ってシステムくんがテキトーな飲み屋見つけて席とって注文も全部してくれました。79点は嘘だな、12000点。餃子美味しかったなあ

 


f:id:katayamasayuri:20210428164201j:image

 

そしてこれは旦那さんが撮ってくれた写真。

 

楽しかったなあ〜

 

これからシステム売れていくんやろうなーと思うけど、どうかこの日を忘れないでいてね

 

 

 

 

 

あ、それでね。在宅配信組も「Amazonほしいものリスト」から支援をくれたんです。

いやー、載せてみるもんですな。ありがとう、本当に嬉しいです、ありがとう。

紹介します

 

まずこちら


f:id:katayamasayuri:20210428164158j:image

 

ほしかったんです、片手鍋とタッパー!スケルトンピンクなうえガラス素材だからテンション上がる!鍋もシームレスで洗いやすいシンプルなのがほしかった。末長く使わせてもらいます。生きてるのが一番かっこいいから、ってさ。嬉しいね。変な名前のバンドやってるダチより。ありがと!

 

 

 

次はこれ!まとめて3つきた笑


f:id:katayamasayuri:20210428164140j:image

 

読みたかった本「星に帰れよ」!

ビーアイドルのメイクブラシ!

消耗品のファンデ!

ずーっと応援してくれてる女の子より。なんかね、お互いに会うこともないままどっちかが先に死んじゃうんじゃないかって思ってたらしいの、だからこの日のライブでちゃんと顔見て話せて歌を聞いてもらえて良かったです。生きてこうね!ありがと!

 

 

そん次ー


f:id:katayamasayuri:20210428164143j:image

 

こ、これは……ずっとほしかったツモリチサトのパスケース!!!!(何事もほしいものリストに入れてみるもんですね!!) めっかわが止まりません。

これは、2月のハルトニー主催の配信ライブで私のこと知ってくれて、当日初めてライブに来てくれた女の子より。

「4/24のライブは私の宝物です。」とメッセージが添えられてて、泣いてしまいました。ありがとう。

 

 

そんでラストが


f:id:katayamasayuri:20210428164148j:image

 

麦茶1ダース!!!!!!!!!!!!!!

いやこれメチャクチャ助かるから!!!!!!!!!!!!!生活が!!!!!!!!

配信で見てくれていた徳島県の女の子より。ありがとう、お互い頑張ろうね!

 

 

 

 

 

 

で、私の所感としてなんですけど、すっごく良いライブができたと思います。

なんか

「お金を払っていただいてる以上は安定したクオリティのものを毎回提供しなきゃいけない」という考え方もあるんだけど、私はその真逆をいくタイプ。0点のライブもライブだし、120点だけが褒められる訳でもなし。

私は今回、3000円(+1ドリンク)という、決して安くはない価格設定にしたんだけど、自分のライブにその価値があるってもうわかってたからそうしたよ。来てくれた人も、それをわかって来てくれてた。10000円の内容のライブをやれば、みんなに7000円のお釣りを渡せるでしょう。だから3000円どころか10000円のライブ、やりました。自信持って、やれました。

ただ、この日のライブの欠点が一つだけあります。なんだと思う?

答え:再演ができない。

私は基本的にライブの「一回性」が好きなんだろうな〜って思って

 

ここまでハード面の話をしたので、

ここからあとソフト面のはなし(ソフト麺ではないよ!)

 

 

まだ薬はやめられないと思います。

 

 

私は嘘つき。アルコールや薬のせいでそうなっちゃったんじゃなくて、もともと嘘つき癖があったのを奴らが暴いたの。もう信頼なんか失っちゃったから、どうやって生きていけばいいんだろうなあって思ってる。でもそんな私のために音楽や文学や芸術がある。あって良かった。

次のライブがいつになるかはわかりません。でも、きっとまたやると思います。信頼してくれる人のためじゃなく、自分のためにです。いつだって自分さえ良ければいい。だから自分のためにやるよ。はあ、とことんクズだね。 でも、本当にそん時が来たら。そんときも必ず、10000円のライブやるから。約束する。お会いしましょうね。読んでくれてありがとう。

なんしても埋まらん穴に関して①

f:id:katayamasayuri:20210421223711j:image

 

とりとめもなく書きます。自動筆記で自由筆記です。何も保ちません

 

なんしても埋まらん穴の話をします。

ヘルハウス三鷹より更新している。今日は何もしなかったけど、視野くそっへ行った。

市役所って入力しようとした

ヘルハウス三鷹というのはわたしと旦那さんが暮らす賃貸物件のことです。市役所へ行ったら、住所と名前を4回書かされた。というのは自分のせいで、家で書いたのを持っていけばいい話なんですけど、それができないので(自分の勝手な判断で間違えたら怖いから。)、市役所の職員さんがみている前で住所と名前を4回書きました。

はいはい、わかりましたです。

これで1万円返ってくるなら安いもんです。我が家は徹底して国から金を分捕る方向性でいます

そういえばダチが近所に引っ越してくるらしくてブチ上がりです。いっしょにヒプノシスマイクの円盤をみるんだ

 

 

あー、なんしても埋まらん穴の話をするんだった

 

4/24(土)に特別公演を開催します。タイトルは「なんしても埋まらん穴」

 

自主企画っていうのがダサいので特別公演という言い方をしますが、まあ、バンドの自主企画の類です。各方面からご予約をいただいておりまして、爆上がりしています。何というか、みんな、いるんだなあと思いました。

これやるって決めたの去年の12月だしソールドしないわけないんですけどね

ところで、わたしは薬物を乱用しています。

 

明日に続く

君のためにナイフを研ぐの

週3で子どもと接していたら心がだんだん綺麗になってくる感じがする。ダメだなあ、私はもっと自分の中の依存や羨望や嫉妬と向き合っていつもゲボを吐き窒息していなきゃいけないのに

その新しい仕事は好調で、うまくいかないこともあるけどそれも含めてやりがいを感じている。そんなにお金がもらえるわけでもないのに。まるでリア充だ。小学生と中学生と高校生の相手をしているが、高校生との場が一番うまくいっている実感がある。その次は小学生。いちばん難しいのが中学生。中学生はグラデーションだ。まだ小学生の子もいればすっかり大人の子もいる。小中学生も高校生も、みんな幸せになってほしい。素敵な大人になってほしい。そのために、私から渡せるものは渡したいし、一緒にいる時間を少しでも良いものにしてあげたいと思う。これはエゴイズムだろうか

 

創作活動のほうはスランプが続いている。何を書いても嘘くさいし、何を言ってもバカらしく感じる。書けない時は、書けないということを書けばいいのだけど、それすらも書けない。「幸せになると曲が書けなくなる」問題があって、それは私は全身全霊で否定したかったけど、悔しいけど最近抗えないものを感じている。好きな人と結婚して暮らしながら、毎日美味しいごはん作って食べて、薬飲んで早く寝て、朝はちゃんと起きて、ほどほどに好きなことしてお金もらって、推しにキャーキャーして、すごく幸せだ。

生活と表現活動は二択でも早押しでもない。両立させることはできるし、年齢に焦る必要も今はもうないはずだ。だけど、幸せで安定した自分と、薬飲んで狂って血みどろの詩を書く自分と、どっちが好きかと考えると即答できないわたしがいる。前者だ、って即答できると思っていたのに。そのことに絶望も希望も感じている

縁があって

この春から新しい仕事を始めることになりました。子どもと接するのが久しぶりで、とても緊張しています。

この半年間、国や自治体のサービスや支援を駆使して(国から金をぶんどりながら)、働かずに職業訓練所みたいなところに通っていました。というか今も通っています。その中で、朝早く起きて夜早く寝ることを覚えたり、自己PRや履歴書の書き方を覚えたり、スーツの着方を知ったりしました。実習に行ったらあっけなく挫折しまったこともあって、自分には何もできないんじゃないか、こんな生産性のない毎日になんの意味があるんだろうか と意気消沈する日もありました

今回新しい仕事のチャンスが目の前に転がってきた時、何としてもこれを掴まなくちゃいけないという気がしました。それからはあっという間で、自己PRをして履歴書を書いて、スーツを正しく着て面接に行くまで、駆け抜けました。それで縁があって採用してもらえることになりました

バレーボール漫画の「ハイキュー」の中で【チャンスは準備された心に舞い降りる】と書かれていたのを、まざまざと思い出しました。

前のバイトを辞めたのがちょうど1年前でした。久しぶりに外の世界に自分を律されるということに、とても緊張しています。この報告をすると、概ね家族友人は喜んでくれていて「よかったね。これで自分の稼ぎができるね」と言ってくれました。私はずっと、自分に稼ぎがないということに対して罪悪感があり、ひいては自分が生きていることに対して罪悪感がありました。働いて生活費を稼いでくれている夫に申し訳ない という気持ちで病んでしまいました。なんでもいいから稼ぎを得なきゃと焦り、近所のコンビニとかでバイト始めようかと検討したり【女性 高収入】で検索したこともありましたが、付け焼き刃のモチベが長続きしないことは目に見えていました(※この「罪悪感」に関しては長くなるので略)(主婦としての自覚を持って家事に全力で臨むことで少し解消できました)

だから自分が毎日朝起きて街にかよって着実に積み上げたものでホームランを打てたことがとても嬉しいです。ホームランほどではないな、送りバントくらいかな。でもしっかり決めました。

 

夫、毎日暮らさせてくれてありがとう。(クソニートオチ)

 

明日から頑張っていきます。国から金をぶんどりながら。 

まあ仕事って偉そうに書いといて実際、パートタイムだけどな

 

職業訓練所はもう少し通わせてもらえることになったので、どうやって生きていくかはまだちょっと模索中です。夫、暮らさせてくれてありがとう。(夫婦のいい話オチ)

0227 調子に乗るな

 ・先日2/15のライブの振り返り

f:id:katayamasayuri:20210227134606j:image

職場実習で絶望的になった心のまま下北沢ろくでもない夜へ向かう。

家からどうしてもギターを持って来られなかったため、荒木林太郎さんにギターをお借りすることになる。到着後すぐにリハ、終えて楽屋でスーツを着替える。ギブソンのギターは、腕を速く振り抜くほどいい音が鳴る、気がする。楽屋でボーッとしていると主催ハルトニーが仕事を終えて到着。

おーたけ@じぇーむずと少し話す。おじぇはバイトをしていないという。みんなみんな各々で自転車操業である

youtu.be

アーカイブはここから見られます。私は24:30くらいから。普段まとまった反応をもらうことがあんまりないので、コメントやスパチャなどリアクションがたくさん流れてくるのはとても嬉しかった。配信で初めて知ってくれた人や、久しぶりにライブを見てくれた人もいるみたいで、それもまた喜ばしいことだった。やってよかったと思う。

さゆゆマジやべえって言ってくれるハルトニーのような人がたまにいてくれるから、やめられないですね。機会をくれてありがとうございました。

0226 話はこのverseの頭に戻る

最近の棚卸し 2点

 

・ODについて

精神科の診察後に薬局で処方された薬をその帰路で大量にODしフラフラのヘラヘラで帰宅する という愚行を1年くらい繰り返していました。というか今も、います。(今日は我慢できました。)具体的には、マ●スリーという眠剤が大好きで、まんまと癖になってしまったのです。某駅のホームのベンチでパキパキするのが大好きでした。です。マイ●リーをいっぱい飲むとふわふわして、嫌なこと全部忘れられて、いろいろなことが捗ってかなり気持ちいいです。歌手のaikoは好きになった人で100曲ラブソングを書くという逸話を耳にしたことがあるのですが、冗談抜きで私は、マイス●ーで100曲書けるかもしれません。そのくらいこの眠剤には重い業(カルマ)が宿っているのです。私にとって●イスリーは誰にも秘密のセフレみたいな存在でした。です。最悪です。最悪。

最悪

 

でもまだマシなほうなのかもしれない。セフレが人じゃなくて薬物でよかった。

 

 

・アルコール依存について

先日、職場実習でお酒を飲んでしまい全てを無に帰した私でしたが、その後はお酒が止んでいます。というのも、お酒を飲むくらいまで追い詰められるような強いストレス元からはもう逃げることにしたからです。私は実習に行くのが嫌で嫌で、お酒を飲んで頑張ろうとした、頑張らなければ怒られてしまうと思ったから。でもお酒を飲んで頑張る方がもっと怒られるということに気づいた。だから、嫌なことがあったら、その原因を周りの人にちゃんと伝えるなり逃げるなりして、お酒を飲んで働くとかいう最悪の結末に至ることなんてないんだと思いました。