無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

インターネッツに落ちてる最高レシピまとめ

最近、めしをメチャクチャ作っていて、マジすごく偉い。

f:id:katayamasayuri:20180406011017p:image

 

しかし私は、細かく手順や分量などの書かれた「レシピ」がないと何もできない無力な初心者。使うレシピはネットに落ちているものばかりである。そこで、最近やってみて美味しかったやつを以下にまとめる。写真とともに。

 

 

+++++++++++++++++++

 

 

f:id:katayamasayuri:20180406011109j:image

牛角のやみつき塩キャベツを再現 by Lily maman 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

あ〜焼肉行きたい!けど焼肉行く金ないからやみつきキャベツだけでも食べようね。これ美味しい。ヤバイ。自宅が牛角になった(幻覚を見ている)。しかも簡単。キャベツ1玉すぐ消える。うま。ポリポリポリポリ、うさぎかな?うさぎだね。昆布茶が味のポイントらしいからちゃんと昆布茶を買ったんだピョン。そしたらちゃんとミラクル美味しくなったんだピョン。でもぶっちゃけこのレシピ以外で昆布茶の使いどころがあまりないのがアレ(アレ)だピョンね〜

 

f:id:katayamasayuri:20180406011758j:image豆腐角煮 by オレンジページ | プロのレシピ

見た目が良すぎるね。見た目が。良すぎでしょ。見た目。良すぎなんだけど。マジ。美貌。君は美しいよ。なんかこれまでにゆでたまごとかいうものを作ったことが3回くらい(マジ)しかなかったんだけどキッチンタイマーでゆで時間きっちり計ったら奇跡の半熟具合になって写真映えが最高。概要としては豆腐を薄い肉で巻いて煮るもの、けどそんなことよりサブであるはずのネギが牙をむいてきた。超トロトロ。メインの肉よりヤバイとは想定外だった。ネギだけもっと食べたい。あと豆腐では物足りなくて普通のかたまり肉の角煮が食べたくなってしまったのが欠点。これだからオレンジページは好き。

 

f:id:katayamasayuri:20180406012225j:image

簡単☆あっさり美味しいとろける塩肉じゃが by 郁.. 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

鶏がらスープとにんにくの味がする肉じゃが?そんなもの…美味しくないわけが……なかったーーー(怒り) 記載されてる通り、汁まで飲めた。うま。ヤバ。写真はやみつきキャベツと一緒に作ったときのものなので、このときは焼肉屋で肉じゃがを食べるという意味のわからない幻覚を見ている。あと写真映えの話なんだけど、白っぽくて見た目が味気ない皿にはコショウ降って緑色のネギをトッピングしたら大体おいしそうになる。

 

f:id:katayamasayuri:20180406012824j:image

秘密のやわらかチキン☆.。.:*・゚ by たうんびー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

「秘密のやわらかチキン」てネーミングの時点でヤバすぎ。優勝。秘密って何。秘密をインターネッツに流出させて大丈夫かよ。いいのかよ。なんかすりおろしタマネギに肉を漬けといたら柔らかくなるらしい。なった。なりました。秘密を共有してしまった。うますぎ有罪判決。漬けてる間の時間で期待がうなぎのぼりに高まりすぎてこれは大丈夫かなって思ったけど期待を裏切らなかった。あと自炊をちゃんと始めてから最近「鶏肉は、むね肉が安くてもも肉は高い」ってことを学んだんだけど、もも肉って柔らかい。チクショ〜〜実家で食べてた鶏肉ってむね肉ばっかだったのかよ〜〜。母ちゃん〜〜。経済的かよ〜〜。知らなかったよ〜〜。もも肉の美味しさ知ってしまったら逆らえないじゃん。奴隷じゃん。写真は微妙(キャベツの千切りを手動で頑張ったけど粗すぎた図)

 

f:id:katayamasayuri:20180406013639j:image

揚げない♡竹輪の磯部揚げ…揚げない! by ち~sun 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

ちくわ……美味しい……ちくわのくせに…ムカ…….と思った。これ何回も何回も何回も何回も作ってる。揚げ物にしては簡単なのがとても良い。なんか揚げ物は油の処理とかがダルくてハードルが高いんだけど(唐揚げもコロッケも店で買うよ)、どうやら、フライパンに油を多めに敷いて揚げ物っぽく焼く「揚げ焼き」というテクニックがあるらしいと料理初心者は知る。これなら油の処理もキッチンペーパーに吸わせて捨てるだけでいいからラクだなあと料理初心者は思う。そして、ちくわって最初から味がついてるから味付けをしなくて良くてラクだなあと料理初心者は学ぶ。これ、揚げたてがヤバイくらい美味い。サクサク〜サクサク〜ってパクパク食べてたら一瞬でなくなる。ちくわの質とかどうでもよくて、とにかく安くて多いほど良いので、安いスーパーで小サイズ5本65円のちくわを使う。でもこれ不思議なことに、食べても食べても食べた気がしない。だからもしかすると、ちくわ is …空気なのかもしれない。Atmosphere…

 

f:id:katayamasayuri:20180406015858j:image

ぴり辛うま*もやしの味噌スープ* by Blue-Island 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

コチュジャンってうまいんだな。料理初心者はコチュジャンと豆板醤の区別もよくわかってなかったけど、なんかコチュジャンってザックリ言うと辛い味噌らしい。辛い味噌?美味いに決まってる〜。毎日でも食える汁物。おかず要らん、これだけで白いごはんめちゃ進む。太る。ムカつく。でも美味い。太る。あともやしは安くてたくさん食べれるので良い。

 

f:id:katayamasayuri:20180406015230j:image

旬の白菜×豚肉をピリ辛だれで! 絶品ラクチンレシピ☆【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

ラー油というものの味が好きだから完食ペロリだった。ペロリ。写真だとわかりづらいけど、概要としては豚肉と白菜をフライパンで蒸したやつにラー油とかネギとかいろいろ混ぜたタレをかけて食べるというもの。(前の冬は白菜がありえないくらい高騰していたからありがたい話なんだけど)実家では畑で白菜を作っていて、前の冬にまだ実家にいたときにたくさん穫れた白菜を消費するために起用したレシピ。この、タレが、タレが、タレが、タレが……。美味しすぎる。ピリ辛。豚肉と白菜に合うけど、ほかのものにもかけたい。何にでもかけたい。バニラアイスにでもかけたい。信頼と実績のオレンジページ

 

f:id:katayamasayuri:20180406020119j:image

f:id:katayamasayuri:20180406020032j:image

たれ絶賛!厚揚げ油淋鶏(ユーリンチー)風 by ほっこり~の 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

本物のユーリンチーを食べたことないのに厚揚げのユーリンチー食べてていいのか?と思うけど、美味しいから何も問題なかった。これなら別に一生本物のユーリンチー知らんでいいかもしれない(貧しい) 弱火でゆっくり焼いたらこんがりと写真映えする感じの仕上がりになるんだね君は。かわいいね。食べちゃいたいね。厚揚げのユーリンチーですらこんなに美味しいので、本物のユーリンチー食べた日には美味しすぎて泡吹いて倒れる可能性がある。ていうか本物のユーリンチーて何?鶏肉?

 

f:id:katayamasayuri:20180406020437j:image

ごま油が美味しい(^^*)レタスのナムル by ハートフルキッチン麗 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

前述のやみつきキャベツと雰囲気は似てるけど、水分が多いぶんキャベツよりもスピード上げてムシャムシャ食べてしまう。やみつきキャベツもだけど、「材料を袋に入れて揉む」系のレシピはラクで美味しいものができるんだなぁと改めて料理初心者は思う。火を使わない。ポプテピピック見ながらでもできるね。あとレタスは実質水なのでいくら食べても太らないね。よかったね。

 

f:id:katayamasayuri:20180406021338j:image

簡単:豚バラネギ塩炒飯 | 山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

うま〜〜〜〜い(コメントは以上) この人のレシピ本めちゃ面白い。笑える。まるっきり普通のレシピ本とは違う。料理しなくても読み物として普通に面白い。関西の人さすがだな。

 

f:id:katayamasayuri:20180406021807j:image

簡単!居酒屋風豆腐サラダ(火も包丁も使いません)と、好きな音楽について | 山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

居酒屋で出てくるやつ。味が。本当に。居酒屋で出てくるやつだった。写真の盛り付け、ドーン!&ドーン!&パラパラ〜!はい完成☆って感じだし、死ぬほど食べづらかった。けど美味しい。なんか和風のものって大体かつおぶしと海苔とゴマの組み合わせをぶっかけておけば良いんだと思う。そうか豆腐ってサラダにも使えるんだなあ…と料理初心者は思う。味噌汁と麻婆豆腐と冷奴、以外の使い道が思いつかないので

 

f:id:katayamasayuri:20180406022315j:image

ルーと牛乳で簡単本格バターチキンカレー♡ by anrilela 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

ちょっとこれはヤバイ。ヤバすぎる。え?うまい。ヤバイ。無印良品で売ってるあのレトルトのやつじゃん。アレ作れるのかよ家で。いわゆる普通のカレー、ニンジン玉ねぎジャガイモ豚肉を炒めて煮てルーを入れてハイ完成、っていう一般的なカレーしか作ったことなかったんだけど、トマトの水煮を使うだけで感動的なくらい違う。そしてぶっ飛びレベルで美味い。禁断の世界に踏み入ってしまった。なんで知らんかったんだ。カレーに凝っちゃう人の気持ちわかった。なんか、カットトマトだかホールトマトだか知らんけど、レシピにある「缶トマト」っていうものは容器の捨て方とかゴミの分別がめんどくさそうだから使いたくないなと思ってたんだけど(生活力が低すぎるため)、トマトって缶じゃなくて紙パックででも売ってるんだなあと料理初心者は知る。軽く水ですすいで可燃ゴミで捨てれる!簡単!これ結構時間かけて根気よく煮て(20分程度だけど)、うまくいくかなぁ大丈夫かなあと思ったけど実際は期待以上の味だった。ひとくち目から美味すぎて食戟のソーマのエッチなコマみたいな反応をしてしまった。美味すぎワロタ。こういうのをレシピなしで作る人すごい。あと鶏もも肉ってやっぱジューシーで美味いんだな。屈したくない(もう屈してる)

 

f:id:katayamasayuri:20180406023830j:image

麻婆豆腐 | 長谷川よし子さんのレシピ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

これ。甘い。これ甘みがある。味見した瞬間に「なるほどね!」と思った。やさしい。味がやさしい。お子様も召しあがれる。架空の息子(6歳)にアーンしてあげた。さすがオレンジページだよ。こういう麻婆豆腐もあるんだな。今までクックドゥーのやつ(ひき肉と豆腐を用意したらそいつらと和えるだけだよ☆のソースみたいなやつ)しか使ったことなかったけど、調味料からちゃんと作ると味わい深い。で、この麻婆豆腐かなり甘みがある。クックドゥーとかのやつは香辛料の力技で押せ押せって感じで、私はこれまでそういう麻婆豆腐しか知らなかったんだけど(それはそれで大好きだけど)、この麻婆豆腐はなんていうか手作りって感じがする。もちろん辛さもあり美味しい。息子(実在しない)も大絶賛でした。うま。はぁ。ありがとうオレンジページ

 

f:id:katayamasayuri:20180406024323j:image

居酒屋さんで教わった大根サラダ♪ by サマーラ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが286万品

殿堂入り。無理。負けた。全面降伏。フードファイターみたいな勢いで食べてしまう。優勝してしまう。これも白菜同様に実家の畑で大根を作っていて大根が穫れすぎたのでそれを消費するために起用したレシピ。美味すぎ。マジでペロリ。かいけつペロリ(児童書)。酢がいい感じ。タレが美味い。黄金比。あ〜。美味い。怒る。絶対に存在しないけど自分の太ももくらいのメガジャンボ大根が存在したとしても1本簡単に食べる。でも大根もレタスと同じで実質水だから存在しないようなものだし、つまりいくら食べても太らないんだね。よかったね。

 

 

まとめ:

おや?もしかして自炊って楽しいのでは?「とりあえず外食より金かかってなければおk」という基準だけど、わりと美味しいものを錬成できているかもしれない。自炊が楽しいというより作ったものを撮ってアプリで加工して載せるのが楽しい。究極の自己満足である。そして紙の本のレシピもいいんだけどインターネッツのレシピたち最高だなって思う。ただ神レシピたくさんあるんだけど同じくらいクソレシピも落ちてる。うっかり踏まないようにする。なんていうか料理が上手くなったのではなくてその地雷の避け方が上手くなったという感じはある。個人的にはぶっちゃけ楽天レ●ピはギャンブル。まだ初心者なので。とりあえずクックパッドで「つくれぽ」が1000以上のやつを信頼する。目安1000だな、1000は欲しい。打率が高い。あとオレンジページのレシピは大体うまい。もはやオレンジページは宗教である。今後はレシピなしでも目分量やフィーリングで美味しいものを作りたい。今はテキトーにやったらテキトーなものしかできないから、テキトーにやってそこそこのものが作れたらいいな。写真の加工にも命をかけたい。自己満足なので。写り込むテーブルはちゃんと片付けよう。

おわり

愛に逆らうな

東京に引っ越して2週間が過ぎた。
鍋や食器を整えて、台所を使うようになり、食事を何回も作った。基本的な調味料などを揃えていったら台所が少しずつ台所っぽくなってきた。まだ散らかりまくりだけど。

f:id:katayamasayuri:20180228003640j:image

この家は台所がとても広い。それで、何か食べるものを作るのもそうだけど、それよりその片付け、鍋や食器を洗うのがそこまで苦にならないのが助かっている。家が広いと本当に気分が病まない。病まないというか、家の中での行動ひとつひとつにすんなり着手しやすい感じがする。

 

 

 

先日の、新宿ゴールデンエッグでのライブがひとつの足がかりになった。とても良い日だった。
ここのところずっと音楽のフィールドにばかりいたから、ちょっと違う形式の表現をする人たちにまみれるということで気合いを入れていった。想像以上に刺激的なパフォーマンスばかりだった。いろんなものが否応なしに目や耳へ飛び込んできた。特に言葉の情報量がとても多かったように思う。私の場合、朗読や歌をきくときは、その瞬間その瞬間で言葉を噛み締めて噛み締めて必死に食らいついていくように受信している。演劇もそう。それでも残念ながら、家の最寄駅に着く頃にはほとんどが記憶から抜け落ちてしまう。(ちなみにその日そんな中でも強烈だったのは「姉の自慰」と「アナルファック経堂」でした)
揉まれる自分もその中で新しい可能性が見えたというか、一皮剥けた感じがした。でもそれを可能にしてくれたのは会場内のたくさんのお客さん。久しぶりにライブ前に緊張したし、ありえないくらいテンションが上がってしまった。初めて観てCDを買ってくださった方もたくさんいて嬉しかった。いいライブをやれたあとにCDが1枚でも売れるという流れは何度体験しても毎回必ず心が震えるし、ああ今日ライブやれて良かったなぁと思う。この日のイベント主催の2人には本当に頭が上がらない。
たまにある、たしかに何かが変わったと思う1本。それを積み重ねて、筋肉つけましょう。

あと、4月に名古屋でのライブが決まった。本当に嬉しい。
私は遠出や外泊がとても苦手だ。苦手というか多分、普通よりも疲れてしまうんだと思う。荷づくりの時点でものすごいストレスだし、夜は家の慣れた布団じゃないと眠れない。富山に住みながら東京に来てライブをやっていた時期も、実際のところは尋常じゃない量のエネルギーを使っていた。だからフットワークは決して軽くない。
でも行く。上記の不安を、ワクワクが上回ってしまったので。
いわゆる遠征は過去に1度だけある。イベントに呼んでもらって、2015年に群馬県前橋市まで行ってきた。大荷物で電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、疲れたけど、本当にいい体験だった。夜中の1時半ビジネスホテルの部屋から見た月がきれいだった。萩原朔太郎の詩集で「月に吠える」というのがあって、前橋で朔太郎の見ていた月はこんなんだったんかなぁと思った。

 

 

 

★ 

 

 

もう行かないだろうと思っていた。しかしまた行ってしまった。

猫カフェ

同じ店。2回目。

f:id:katayamasayuri:20180228010345j:image

私の担当(←ホストクラブの言い方)は、この子だ。模様は三毛っぽい感じで、だけど羊の毛のような手ざわり。ふてぶてしい顔をしている。前に訪れた時もこのちゃぶ台の上に鎮座していた。お気に入りなのかもしれない。

彼(いや彼女かもしれない、しかしホームページにこの猫のプロフィールは見当たらないため性別は不明)は、どうやら「れんにゅう」という名前らしい。れんにゅう。由来はやっぱりイチゴにかけるあの練乳なのだろうか。コンデンス・ミルク。ネーミングセンスどうなんよ。でも可愛い。練乳。ひらがなでれんにゅう。

 

 

 


好きなものには、どうしても負けてしまう。いつもどれだけ逆らっても、最後は握った拳の力が緩んでいく。あー、好き。あと10年、いや一生続いたらいいのに。私が抱えているたくさんの好きの気持ち達、これらの種は何なんだろうと考えてみたら、ひとことでいうと驚異だった。驚異によるものが多い。わかる〜っていう好きと、わからんけどヤバイねっていう好きの違い。そう。共感に起因する「好き」と、驚異に起因する「好き」は真逆だ。それで、お客さんが、お金払って来てくださる以上は、可能ならば私からは共感ではなく驚異のほうをお渡しすべきだと思った。おい、今さら何を言ってるんだよ。

明日はちょっと変わったバーでライブです。

お友達からお願いします

今日のライブで、なんか、恋い焦がれていた相手に、セックスフレンドに「すら」してもらえませんでした。という言い方をしたけど、これは私がセックスフレンドという男女の関係性を見下していることの証明に他ならない。…と、気づいた。これはよくない。
好きです付き合ってください、という愛の告白に対して、お友達からお願いします というバカバカしい返事がよくある。それは、友達<恋人 な考え方に基づくものだと思う。そうでなければ、友達「から」という言い方はしないでしょう。友達の途上で、友達は恋人に変わるのか。
よいではないですか。セックスフレンド。私は誰かとセックスフレンドという関係になったことがない。未知の領域だ。でも「なんだかこの人とは会うたびに焼肉に行くなぁ」という男の人がいる。焼肉フレンドである。
会うたびに焼肉を食べてしまうか、会うたびにセックスをしてしまうかの違い。些細だ。私たちは、焼肉に行きましょうと言って会い、焼肉を食べる。でもセックスフレンドは、セックスをしましょうと言って会う という流れは踏まないのではないか? そこがセックスフレンドと焼肉フレンドの違いだ。いや知らんけど。あとセックスは金がかからないけど焼肉はめちゃくちゃ金がかかるという経済面での違いもある。

 

そもそも私は今日の無善寺で喋りすぎだ。喋りすぎ!喋りすぎ!喋りすぎ!喋りすぎ!喋りすぎ!喋るならここに書けよ!
セックスフレンドってすごい言葉だ。セックスをするフレンド。セックスのためのフレンド?
セフレって柔軟剤みたいにさらっと美しい音の響きだから、略さずにわざわざセックスフレンドと書いていこうと思う。肉々しい感じがする。

大島てるで燃える家

富山を離脱して再び東京都内に引っ越した。駅徒歩7分。風呂トイレ別。部屋が2つある。独立洗面台はないけど台所が広い。8年間住んだ武蔵小金井ワンルームは一体なんだったんだろうというくらい快適で驚く。環境の変化に弱いほうなので不眠や抑うつ状態を覚悟していたのに、今のところ気分が病まない。鬱になりがちだったのは住居の影響が大きいのかもしれないと思い始めた。そういえば西向きの部屋だった。駐輪場にチャリをとめておくと、よくカゴに鬼ころしの空パックを捨てられた。おそらく毎回同じ人だろう。
怖くて見れなかった「大島てる」を引っ越したあとに見た。二本指で地図を恐る恐る拡大したら、住んでいたアパートの隣の建物とさらにその隣の建物が燃えていた。
今の家はコンビニがほどよく遠い。計算していたわけではないけど、これが超良い。よなよな酒や余計なものを買いに行く心配がないのだ。距離があると、コンビニまでの道で我にかえる。前に住んでたアパートは1階がコンビニだった。1本目のストロングゼロを飲み終わる前に2本目のストロングゼロを買いに出ていたし、2本目のストロングゼロを飲み終わる前に3本目のストロングゼロを買いに出ていた。どうかすると3本目のストロングゼロを飲みながら4本目のストロングゼロを買いに出ていた。泥酔で前後不覚になろうとも、徒歩15秒でコンビニという環境のせいで、それはそれは簡単に手に入った。鬼ころしを私のチャリカゴに捨てていたのはオッサンかもしれないけど私くらいの年齢の女だった可能性もなくはない。

 

 

★ 


昨日うまれてはじめて猫カフェに行った。2016年の夏に、ちろ(実家に15年いた白ねこ)が死んでしまってからしばらく経って、猫とふれあいたい欲求が時間をかけてじわじわと限界まで高まっていたのだ。
しかし猫カフェを訪れるまでに葛藤があった。私はちろが好きなのか、それとも猫なら何でも好きなのか? 人語を喋る想像上のちろが言う「アンタなんて猫なら誰でもいいんやろ!」と。違う。ちろはもちろん特別だ。家族だ。そんなちろを差し置いてそこらの店の猫なんかにデレデレして許されるのか? でも私はおそらく猫が好きだ。ちろも好きだけど、そもそも猫という生き物が好きなのだ。いや断言できる、普通の人よりも猫が好きだと。そしてこれは間違いなく、"猫を飼う"という経験を私にもたらしてくれた、ちろのおかげなのだ。ちろは殿堂入りだ。大好きだ。大丈夫。だからちょっとだけ覗いてみよう。猫カフェというのがどういう場所なのか偵察してすぐに店を出るのだ。そういうつもりで、店に入った。
変な空間だった。うまく言えないけど、端的にいうと、きれいすぎる。もっと獣くさくて動物園みたいなのを想像していた。猫カフェの猫は猫のにおいがしない。毛もふわふわでサラサラだ。きれいすぎるのだ。これはもしかしてぬいぐるみではないか?と疑った。猫カフェとうたいながら、猫型の動くぬいぐるみを置いているだけなのではないか? しかしササミを持った人間に瞬時に群がったり、ちょっとすり寄ってきたと思ったらフイッとそっぽを向かれたり、客に構わず眠ったり、行動を見る限りどうやら中身は間違いなく本物の猫だった。安心した。

f:id:katayamasayuri:20180214164335j:image
その店は滞在10分につき200円というシステムだった。だからチラッと覗いて10分経ったらすぐに出よう、と思っていた。それなのに気づくと30分が経過していた。時計を見てギョッとした。時間をぶんどられた。まだ3分しか経っとらんやろと思ったら30分が過ぎていたのだ。結局30分で店を出たけど、30分は短すぎた。何時間でも居たい。
店を出たあと、虚無感に襲われた。そして、次はいつ行こうか当然のように計画を立てている自分に気づいた。風俗にハマる男の人の気持ちを想像した。
そう、水商売みたいだ。でも飼い猫は飼い猫で、店の猫は店の猫だ。つまりキャバ嬢はキャバ嬢であって彼女ではないし、ホストはホストであって彼氏ではない。
ホストたちはもてなしてくれた。でもホストのぬくもりではなく彼氏のぬくもりが欲しくなった。彼氏が欲しい。心から求めているのは会いに行けるホストではなく一緒にいてくれる彼氏だ。私は彼氏のうんこの世話をしたり、彼氏の抜け毛に辟易したり、絨毯にゲボを吐かれたり、あわよくば同じ布団で寝たりなどしたいのだ。そして一緒に歳をとって、本当につらいけど最期はちゃんとありがとうありがとうって見送るのだ。彼氏というけどもちろんメスでもいい。メスの彼氏でもいい。

 

 

★ 


ここからはポエムになるのだけど、
会えない人も会わない人も、死んだことと同じやん という過激な考え方はなかなかに私を救う。GUでパッと買ったスウェットのピンクが臓器っぽい色味でかわいいから良かった。さほど厚くないから春も着れる。だから私にはジェラート・ピケは必要ない。生き延びることと生きることは違うのだと好きな作家が言っていて、具体的になんて書いてたか忘れたけど解釈はしっかり心に刻まれた。つまり寝るために最低限の衣類を見にまとうのが"生き延びる"ことでジェラート・ピケは"生きる"ことなんだと。わけのわからないヨレヨレのトレーナーと中学校のジャージをパジャマ代わりにして"生き延びて"いた私からすれば、GUのスウェットすら"生きる"ことに該当するかもしれない。まず上下揃ってるし。色もかわいい。

f:id:katayamasayuri:20180214164517j:image

 

 

 

ポプテピピック、アニメをよく見る人たちにとっては多分すごいことが起きてるんだろうけど、初心者にはレベルが高すぎる気がしなくもない。でもED曲が良いなと思った。女声のを聴いたあとにキーの変わった男声を聴くというのは趣がある。EDは絵のタッチもかわいいな。

明日は無力無善寺でライブです。引っ越してきてまた東京でちゃんとライブやれるのがすごく楽しみなんです。私は私にワクワクしています。よろしくお願いします。

私は私の屍の上にいる

1月は2本、ライブをやった。うち1本は大きな往来自由型のイベントで、私は半年くらいは無善寺でしかライブをやってなかったから人がたくさんいるところに飛び込んだらとても疲れた。でもやっぱり楽しかった。スタッフも出演者もお客さんもいろんな人がいて、みんな何を考えて何のためにやってるんだろうと想像せずにいられなかった。でも理由ってあとからついてくるからどうでもいい。そのイベントに関してはTwitterでばかり情報収集していたから、みんなインターネットの中の世界から立体化して出てきたみたいに感じた。うまく表現できないけど、体温のなさそうな女の子を何人も見た。
それと、年が明けてからライブの出演依頼をたくさんもらっていて、びっくりしている。心がじわっとあたたかくなる。私は一度墓に入ったくらいのつもりでいたし墓の中にいた者にオファーの類もそんなにないことだろうからまずは作品づくりをしたいと思ってたけど、人前に出る機会があって嬉しい。失礼のない程度にしっかり体を鍛える(筋トレをするという意味ではない)。
といっても無理はしない。好きでやってることだから、早押しや三択で答えを出すのは嫌だ。

 

来月都内に引っ越す。実家は居心地がいいけど、いつまでもこのままではいられない。富山に帰ってきてからいろいろあったけど体調もまあまあ安定してきた。引っ越して、東京でまた音楽ライブ活動や好きなことを好きなようにやりたい気持ちはもちろんあるけど、それよりも、東京で毎日毎日朝から晩までまじめに働いている恋人をそろそろ近くで支えたいと思った。
新しく住むところは、8年間住んだ武蔵小金井ワンルームと全然違う。まず風呂とトイレが別々だし、部屋が2つあるし、台所が広い。特に台所は、作業スペースもしっかりと確保できる嬉しい広さだ。シンクも広い。ガスコンロは2口!使いこなしたい。
家族じゃない誰かと一緒に生活するなんて、うまくいくだろうか。初めてだ。私はたぶん、環境の変化に強いほうではない。もちろん楽しみだけど同じくらい不安がある。ちゃんと眠れるのか、起きられるのか。自分のせいで2人ともうまくいかなかったらどうしよう。

でもうまくいかなくても、死ぬわけじゃない。
良くも悪くも、先のことは何もわからない。だからもしダメだったら違う道を探って試す。しっくりくるまで何度でも。それでいい。きっとみんなそうしてる。
間違えてもいい。間違えても、繰り返さなければ。自分に言い聞かすまでもなく経験として知っている。
過去のことを思えば後悔ばっかりで先週のことすら黒歴史で、とめどなく次々と湧いてくる、あの時もっとうまくやれたのにとか、あの時どうしてあんなことをしてしまったんだろうとか。頭に浮かぶと「あああ」とか「うー」と声が出る。でもきっと、「あの時もしあっちの道を選んでいたら」という分岐点で選ばれずにあえなく死んでいった数えきれない私が屍の山になって、そのてっぺんに、"私選手権"で優勝し続けている私が今立っている。ボロボロでも、みっともなくても、今の私がとりあえず優勝。そして可能性として死んでいった足元のそいつらが、優勝者である私のことを世界中の誰よりもよく知っている最強の理解者。
生きてたら絶対にいいことがあるなんて言い切れるわけがない。明日のこともわからない。それでも、できるだけ空気がきれいで、空が見えて、日当たりの良く明るいところを歩きましょう。屍の山に胸を張れるように。
2018年もよろしくお願いします。

黒いコリラックマ

写真とともに最近の小ネタ

 

◆まあまあ積もるくらい降りました。

f:id:katayamasayuri:20171215232023j:image

トヤマのは水分が多くてベチャベチャで重いです。冬が嫌いなので、司法が許すなら冬という概念を殺害したいです。せっかくだいぶ融けたのに、また今夜から明け方にかけてモッサリ降るそうです。くそが

 

M-1グランプリがとても面白かったです。どこかの組を応援してたとかではないし、テレビついてたからなんとなく見てただけ、でも、ついつい見入ってしまってずっと笑いっぱなしで、あぁお笑いって良いなぁ〜と思いました。でも裏を返せばお客さんの反応が(笑いという形で)ダイレクトに表れてしまう世界、シビアだなぁとも思いました。スベること恐れないのかな? 恐れてたら何もできないんだろうな。どの組も面白かったけど、私は1番手「ゆにばーす」とラストの「ジャルジャル」が好きでした。ジャルジャルは漫才というか新しいジャンルの芸だなと思いました。ゆにばーすのボケの女性のインスタ見たら自撮り詐欺がめちゃくちゃすごくて、思わずフォローしたしファンになってしまったところです。

 

◆母が美容パックをたくさんもらってきたので享受しています。英語と韓国語で書かれているのでたぶんそのあたりの言語圏のお土産とのことです。韓国コスメというやつでしょうか。

f:id:katayamasayuri:20171215232130j:image

実は私はハングルが読めます、が、「声に出して読める」というだけなので単語等の意味はほぼわかりません(ハングルはローマ字みたいなものなので子音と母音を覚えれば簡単に読めるよ)。例えば「キムチ」とかはキ・ム・チ、って読めればキムチだなってわかるけどそうじゃないものはわかりません(中国語由来の語句とか)。そこでカメラを文字にかざすと翻訳してくれるアプリを使用してみましたが

f:id:katayamasayuri:20171214221916p:imagef:id:katayamasayuri:20171214221946p:image

まあこんなもんだよな。(結局英語を読んだ)(でもパックなんて結局風呂上がりに顔に貼るだけだから読まなくても良かった)

 

◆今ダイソーがサンリオキャラとのコラボでネイル(マニキュア)を売ってるらしくて、調べてみたらかわいい、これは欲しい、けど生活圏内にダイソーがない。頼むから長い期間売ってくれ。もはやピールオフタイプのベースコートとか誰か買っといてほしいくらいです。でも実用性とか実際どうでもよくて、ネイルするしない関係なく、単に、見た感じおもちゃみたいでかわいいし欲しくなるという話です、108円だし……。あとキティちゃんがノーマル、マイメロがラメ、キキララがオーロラって種類で分けられてるのが熱いなと思いました。

 

◆貧血の投薬治療を始めました。鉄分の薬を毎日飲んでいます。血液中の、なんかの成分、普通の人は最低でも50ある数値が私は18しかないそうで、これはマズイねってなりました。それで、鉄剤を飲み始めてからというものめちゃくちゃ調子がいいです。スッと起きられるし、なんていうか全体的にON/OFFがハッキリして生活がしやすい。冬季鬱かなと思ったら貧血でした。昔は頑張ってアサリとかほうれん草とかレバーとか食べてたことあったけど、食事で鉄分を補給しようとすると結構むずかしいので薬飲むのが手っ取り早くて良いです、副作用も便が黒くなるくらいだし。まあこれまでに何回か貧血の投薬治療したことあるから「またこの流れか……」って感じではあるけど

 

◆それで体調が良くなったのもあるのですが、週5くらいで料理をするようになりました。一人暮らしでの自炊も楽しかったけど、ひとりぼっちの部屋で自分でつくったものを自分で食べるので、(あくまで私の場合ですが)虚無虚無プリンでした。あと台所が狭いので何もかもやりづらかった。実家にいると、つくったものを自分以外の人間に食わせて反応を見るという楽しみがあります。おかげで冬とは思えないくらい調子が良いです。9月に入院してから、這いつくばるような感じで毎日進んでいたのが、ハイハイになり、今は四足歩行くらいになりました。ゴリラみたいな感じです。

 

◆家のキッチンタイマーが壊れて、新しいの買いに母とコメリ(ホームセンター)に行ったら幸運にも壊れたやつと同じものがあったんですが、

f:id:katayamasayuri:20171215232300j:image

お値段698円。私はキッチンタイマーって100均で買うものだと思っていたので、へぇ〜……という気持ちでした。壊したやつは貰い物だったため、お値段を知らなかったのです。でもタニタのやつだけあってデカくてわかりやすくて使いやすいです。使っててストレスがない。壊したやつは白だったけど新しいやつは色違いのピンクになりました。かわいいねぇ〜かわいい

 

コリラックマのポーチが死ぬほど汚い件

f:id:katayamasayuri:20171215232403j:image

洗いました。ちゃんと元の色に戻りました。

 

◆1個800円のりんごがうちにきました。

f:id:katayamasayuri:20171215232554j:image

家の誰かが誰かからおすそわけをもらったそうです。1個800円……!マジ?(マジ)  まず、切ってない時点でめちゃくちゃいい匂いがします。すでに普通のりんごとは一線を画す気配がします。私は1個100円のりんごしか食べたことがないので違いがわかるか不安だったのですが、食べてみたら、違い、超ワカル! 酸味が少ない! 上品な風味と香り、あとなんか蜜たっぷりでシャキシャキで最高!(食レポへたくそかよ) ちなみに岩手県の「冬恋」という品種だそうです。

 

◆たぬきむすび という食べ物を初めて知ったので作ってみました。

f:id:katayamasayuri:20171215234023j:image

たぬきむすび、有名ですか? 私は最近初めて知りました。レシピを検索するといろいろ出てきたけど、基本的な作り方は全部同じで、ごはんに天かす(揚げ玉)と刻んだネギを入れてめんつゆで混ぜご飯にしたのを握って完成。おいしかったです。私は天かすサクサクのほうが好きなので、作りたてのやつを食べるのがハッピー☆って感じでした。めんつゆ味のごはんって結構くどいからヘビロテする気にはならないけどたまに思い出したら作りたいです。

 

◆豆苗の成長を見るのが楽しいです。

f:id:katayamasayuri:20171215234858j:image

豆苗は、野菜です。昔からある? 最近流行ってる? 上部を切って食べるんですが、切ったあとも根っこを水に浸けて明るい場所に置いておくとまた生えてくると書いてあったので、食品トレーに乗せて試してみたら、見事に生えてきました。先日、生えてきたのをまた切り落として食べました。それでもまた伸びてきます。

f:id:katayamasayuri:20171215235459j:image

f:id:katayamasayuri:20171215235538j:image

(環境汚すぎでごめん)とても生命力を感じます。これまでは2回ともスープに使いました。次は何に使おうかなあ

 

◆じいちゃんの四十九日の会食でおいしいものをたくさんいただきました。

f:id:katayamasayuri:20171216221211j:image

全部は食べきれませんでした。それでも、このメニュー見て「デザートの苺大福(好物)は絶対食べたい!」と待ち構えていたら、しばらくして運ばれてきたのは

f:id:katayamasayuri:20171216221727j:image

想像してたのと違うタイプの苺大福でした。おいしかったです。

 

◆なんだか食べ物の話ばかりになりましたが、来週21日(木)は高円寺の無力無善寺でライブをやります。2014年の1月から第3木曜のレギュラーにしてもらったので、これで丸4年経ちました。もう4年!!?? 来年もよろしくお願いします。

遺族のタイムライン

f:id:katayamasayuri:20171118012848j:image

 

★Day 1

「もう長くない」から「そろそろヤバイ」になるまでが早かった本当に早かった。急だった。
《座敷きれいに片付けといて。とりあえずは、じいちゃんが病院からいつ帰ってきてもいい状態にしとかんなん。仏壇の前も》嘘でしょそんな……。そんで座敷をとりあえずで掃除機かけてたら、訃報。早い。ちょっと待ってくれ。しかし泣いている暇はない、座敷の片付け続行。じいちゃんがやっと病院からうちに帰ってこられる。仏壇もひらく。拭く。
近しい場所に住んでいる親族が続々とやってくる。連絡がまわったんだ、ありがたい。でも誰が何なのか全然わからん。勝手に台所入られるのすごいヤなんだけどこの口うるさいババアは、じいちゃんから見て、そして私から見て何なんだ?家系図ほしい。ていうか名乗って〜。でもとりあえず今はいちいちそんなん尋ねてる場合じゃない。まあとりあえず親族なんだろう。父ちゃんとばあちゃんが帰ってきたら聞こう。
あ、神棚は見えないように隠すんだなこういう時……へえ……。ていうかそのためのデカい布をばあちゃんきちんと用意してて、それがすごい。
葬儀屋さんが登場。床の間、掛け軸も置物も撤去撤去撤去!
そしてじいちゃんが無言の帰宅。顔も手足も白い。あ〜〜〜〜ホントに死んじゃったんだ。あああ。あああああああ。

 

 

★Day 2

起きると目玉焼きが作ってあった。あれ、精進料理って肉と魚はダメで、タマゴはアリなんだっけ……?
「母さん、タマゴってNGじゃない?精進料理的な意味で」「うっそ」「待って今ググる」NGやんけ。「ごめーん殺生してないモンなら食べていいもんやと思った〜」しかしつくったものを捨てるわけにもいかないから食べた。母のテヘペロ、じいちゃんごめん

「そんで、明日がお通夜で、明後日お葬式だよね?礼服どこだっけ」「いや、日曜が葬式できんがよ。友引だから。もう1日延びる」「アーなるほど……」こういうことでもなければコヨミとか普段まったく気にしない。こないだ久しぶり会った先輩はわりと気にするよみたいな話してた、引越しの日とか。冠婚葬祭以外で考えたこともないや。

私は夕方から歯医者の予約してた。けど、これは、こんなときは、歯医者に行ってる場合なのか?まあ今は手すきだし、いいかなあ……
「おーい。さゆりもうすぐ歯医者やろ。俺が車出すちゃ」「え、いいが?カッパ着てチャリで行くつもりでおったんだけど」「いいよ、今ちょうど手あいたから」「ヤッターありがとーってかまだ居間で父さんたち話しとんがやろ?兄貴抜けてきてよかったんけ?」「なんか、さっきから遺産の話?始まったから」「イサン」「遺産の相続とか」「イサンのソーゾク……」

歯を削ってプラスチックを詰めて、違和感ないように形を整えてもらう。歯医者さんもそうだし、葬儀屋さんもだけど、プロってすごい。普段ふれる職業の人もすごいしプロだけど、普段あんまりふれない職業の人と関わったときに特に思う。プロってすごい!

 

 

★Day 3

親族がモリモリとうちに来ていくんだけど、とにかく続柄がわからない。
「あの幼女ってどこの子?」「あれはばあちゃんの兄の、あ、もう亡くなっとられるけど、そのお兄さんのそこの家の息子さんとその奥さんの子」「へえ〜」

「今うちに出入りしたり手伝ってくれたりしとる親族の人らって、どこの人らなん?家系図書いてよ」「そうやね、ちょっと書いてみるわ」

f:id:katayamasayuri:20171118012058j:image

まあまあわかった

あと「ユカリちゃんやね。大きくなったねえ」と親族にそこそこ名前を間違われる。サユリって名前になって27年経過してるけどまだ間違うかなあ。そういえばお年玉のポチ袋にも「ゆかりちゃんへ」って書かれてたことが結構ある。サユリとユカリってそんなに似てるかな。似てるかもな。

座敷に横たわるじいちゃんのすぐそこに座り込んで、ボケーッと考える。でもほとんどわからない。ハテナマークばっかり。
じいちゃん、本当に死んでしもた。あんまり苦しまずにいけたとのことだったから良かったけど、それでもやっぱり少し苦しかったんかな。死ぬのって怖かったかな。
私のことどう思ってただろう。孫。子どもの子ども。わからなすぎる。子どもすらいたことがない私にとっては途方もなく遠い世界。孫がいるってどんな気持ちなんだろう。

 


★Day 4

昼ごはん(もちろん精進料理)食べながら見てたテレビで、蒙古タンメンの特集。
「うまそー」「東京にあるがやろ?さゆり東京おったとき食べたことなかったん?」「なかったんよね」「セブンにカップ麺あるよね」「マジ?」「なんかチーズ入れて食べたらおいしいらしい」「やりたいなそれ」

納棺、出棺、からの、お通夜。礼服着た自分は老けて見える。というか年齢を感じる。すごく。納棺は、葬儀屋さんってプロだなーって感じ。仕事ではあるけど、死体にめちゃくちゃ触るのってどんな気持ちなんだろう。仕事以上でも仕事以下でもないか。
麻雀牌もパチンコ玉も燃えないから、結局花札を入れた。じいちゃんの体の上に絵柄の札がたくさん散って、すごく風流だった。インスタ映え、インスタ映えするよじいちゃん。
お通夜はたくさんの人がきた。本当にたくさん。斎場のキャパオーバー気味だった。ありがたい話だホント。中学校のときに数学を教えてもらってた先生と理科を教えてもらってた先生と学年主任だった先生が来てくださった(父の仕事関係者)。久しぶり……。
喪主である父の挨拶(スピーチ)がパーフェクトだった。参列者様への感謝の気持ちと、在りし日のじいちゃんの様子と、きっちりハッキリと喋る。
斎場で親族で軽めの会食、祖母と父と兄が斎場に泊まって残りメンバーは帰宅。シンゴジラやってるけど見ない。

 

 

★Day 5

葬式。朝早いから不安だったけど起きれた、やればできるじゃん。
喪主である父のスピーチは、さすがに声をつまらせていた。昨日だいぶ気丈に振る舞ってたんだなあと思う。
バス、タクシー、霊柩車で火葬場に向かう。火葬場ではさすがに泣けた。お別れのタイミングってたくさんあって、入院したとき、もう喋れなくなったとき、ご臨終を告げられた時、お棺に入るとき、いろいろあったけど、最後の最後の本当のお別れって肉体が燃えるタイミングかもしれない。
そんで斎場に戻ったらすぐ初七日法要をやってしまう。この地域だけかなあ。それにしても効率厨だよなあ。終わったら、親族で会食。献杯。食べれるものが全然ない私は食わず嫌いを早急にどうにかすべきだと思う。恥ずかしい。
時間がきたので火葬場にまた戻って、骨になったじいちゃんとご対面。そして納骨。焼け残った全部の骨を納める。母の実家のほうでは部分納骨で、骨壷に入りきらない骨は処分しちゃう流れだったはず。まず骨壷小さかったし。地域差、おもしろい。

帰宅したら、またお寺さんが来てくださって、お経をあげてもらう。そしてお寺さん帰って………

やーっとひと息……!かと思いきや、すぐに香典開きを開始。結構ある、ありがたいことに結構あるぞ香典。

「さゆりのパソコンって使える?」「一応。OSはvistaやけど」「とりあえずExcel使えりゃいいから」「なるほど!」
SEの兄、さすがです。香典の通し番号、名前、所属もしくは住所、金額を表にしてあっという間にまとめてしまう。
「あーークソっクソ」「ごめん、vistaちゃんに文句は言わんであげて」「違う、IMEに文句言うとる」「何それ」「変換のやつよ。侑って字ユウで変換出てこんとかさ」「あ、その字アツムで変換したら出るよ」「お!出た!」

通し番号31番のがない!探せー!(探す)ない!なんで?「いや、ここの受付してくださったんうちの班(うちの地区には地区内でさらに班という単位があり、回覧板は班ごとに回すし通夜葬儀の受付を手伝ったりし合う)のじじばばだから、ちょっとボケて書き飛ばしたがやろ」

「職場関係」「終わった」「地区」「終わった」「親族・一般」「終わったー!」
「こっちもExcelの入力全部終わっとるよ」「おおさすが」「じゃあ次は?」「手書きのやつと入力したのやつ一応読み合わせせんといけんくない?」「印刷印刷ー」「何言っとんがけ今うちプリンタ死んどんにけ」「俺明日職場で刷ってくるわ」「え〜〜今日中に終わらせときたい〜〜〜〜」「セブンで刷れるよ?PDFにすれば」「マジか」「PDFにしたやつを、USBに入れてコピー機に持ってくがよ。あたしプリンタ壊れてから大学のレポートいつもセブンで刷っとったもん」「じゃあ今からチャチャっとセブン行ってくっかー」

「ほらここに、USBとかいろいろ、さすとこあるやろ?」「へーーーー。便利やな」ウィーンガーーウィーンガーーウィーンガーー
「あ、めっちゃあんにけ蒙古タンメンのやつ。何個買ってく?」「4つくらい?」ヒョイヒョイヒョイ「あとねなんかチーズ入れたらめちゃおいしいらしい」
「あと今日なにげに月曜だからジャンプも!おおラス1やん!」
「もうひと頑張りだからみんな食べる用にじゃがりこ1コ買ってこ」「いやいやいや肉じゃが味はダメやろ(精進料理的な意味で)」「まじだwwwwwwww」サラダ味をチョイス

「95番、5千」はい。「96番、5千。」はい。「97番、3千。」はい。「終わり!」終わりー!
「職場関係終わり」「地区のも。親族・一般のも終わった!」ヤッター!
「とりあえず今こっでいいで、あんたらごはん食べてこられ。ごはんと納豆くらいあろう」「母さんたちは?」「もうちょっとだで、あとは上のもんだけでやっとくちゃ」「お願いシャス」

「あ、さっき買った蒙古タンメン食べるか」「あれって肉入っとるかなあ」「入っとらんよ。こないだ夜勤の前コンビニで肉魚入ってないもん探してみたらねーそれは乾燥肉?っぽいやつは入っとらんっぽい」「「おお………」」
兄と私で蒙古タンメン中本カップ麺、いただく。メイン遺族が葬式の夜に食べるものとしては……まあいいか。
「チーズ入れたん、どうけ?」
「めっちゃヤバイ」

(蒙古タンメンってこんなに辛いんだ………)

 

 

 

++++++++++++++

 

メイン遺族は大変だったという覚え書き。今回は、人が死ぬことについて、ソフト面よりハード面についてばっかりずっと考えた。
今日が9日目、やっとめちゃくちゃ泣いた。
これからじわじわと、悲しいとかさみしいとかが迫ってくるんだろうと思う。それはそれとして溺れてもいい。
四十九日までは気を引き締めていくぞ