無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

0219 君はともだち

f:id:katayamasayuri:20190219172239j:image

気持ちとか行動の記録をつけて振り返るというのがいちばん効果的だと思う。強迫性障害の過渡期に「国立精神神経センター」で受けてた認知行動療法が今になって活きてきた!ブログで認知行動療法やれば良くね?

そもそも、いったい全体、「何」がわたしをアルコールへと向かわせているのか???という根本的な問題に正面から向き合わなければならない。それが結構つらいというか向き合うことがキツイ。目をそむけていたい。

昨夜は帰宅時に家のいちばん近くのスーパーの、駐車場のベンチで飲んでた。23時半くらい。あともうちょっとでシラフで帰宅できたのに。ああもう体がいうことをきかない~~~って泣きながら飲んでいたら、不審に思ったんだろう、店員のおばちゃんが「寒くないですか」と笑顔で声をかけてくれた。あ、だいじょうヴです

 

わたしはなぜアルコールの乱用に至ったか?:

①なんか、いつも何かを考えている気がする。起きてるあいだは常にずっと何かを考えている。それで頭の中のバッテリーがずっと熱くなってる感じ。じゃあ、何を考えているか?というと、今ではなくて過去か未来の具体的な出来事についてが多い気がする。なぜ過去か未来についてわざわざ考えているかというと、今この瞬間と向き合うのがしんどいから。でもそれらはほとんどが、別に今考えなくてもいいことだったりする

②強いお酒飲んでたら、一時的に、何も考えなくてよくなる。頭の中のバッテリーがさらに熱くなりすぎて、熱くなって熱くなって、プシューって煙あげて機能しなくなってしまう感じ。我を忘れる。めちゃくちゃラクになる。まさに酩酊というやつ。顔とか首とか心臓は物理的に熱くなるんだけど、頭の中だけはクールダウンしてる。気持ちが大きくなって、行動や発言のハードルがさがる。「これだよ!これがあたしの本来の姿なんだ!」とすら思う。その程度がいきすぎてしまったのが今。

③家で飲んでたら「考え事をしなくてラクになる」で済むんだけど、外で、ひとりで飲んでたら、スリルや背徳感があるから「ラクになる」にくわえて「楽しい」という感情が生まれてしまう。

④楽しくなるのと同時に、酔いがさめて我に返る瞬間が怖くなる。だからずっとラクな気持ちでいたくて3缶4缶めに手が伸びてしまう。それで、寝落ちするまで飲む

ここまではまだ、だれでもあることなのかもしれない。

⑤でもわたしの場合は、飲酒で問題を起こしたり(警察にお世話になったり)、生活リズムに支障をきたしていたり、常軌を逸脱してアルコールにすがりついてるのが、病気。いろはすのペットボトルに透明なお酒入れて職場で飲むとか。朝起きてすぐ飲むとか。指つっこんで吐いてまた飲むとか。「アルコール類を何かしら飲まなければならない」という義務感(強迫観念)とか…それで料理酒とかみりんまで飲んでしまうとか

こんなん、脱法ドラッグと何も変わらんよなあ。悪い友達みたい

みんながほどよくお酒を楽しんでるのって、まだバッテリーが機能してる状態なのかな。少なくともみりんは飲まんよね

「明日からがんばる」って、いまだかつてこんなにも口にしたことあったかなー。ダイエットしてたときは毎日そう言ってはポテチ食べてたな。最近は食事も面倒になってしまって少し痩せた!やったぜ(けど家系ラーメンを目の前に出されたら普通に食べると思う)

あ~つれえ~~~~~~~つらいけど、つらい今しか書けない言葉がたくさんあるので幸せと思う

 

⑥総論:

「頭のバッテリーの通常状態をなんとかすれば、アルコールに頼らなくても済むのではないか?」

 

結論出たやん

 

おわり

 

整理できてちょっとスッキリした。わたし意外と、自分の感覚を言葉であらわせるだけの語彙あるな。伝わっているかは別として

0217 譜面DIE

f:id:katayamasayuri:20190217220847j:image

ダメっすね。アルコール。やめられないっすね。やっぱなかなか。断酒はじめてから、ダメだダメだって罪悪感に苛まれながら街中で飲むストロングゼロが麻薬みたいに、むしろ以前より気持ちよくて。ダメです。

15日は赤坂テンジクで、16日は大塚Deepaでライブしてきた。ライブやってるときの自分は実物よりも実物って感じがする。どちらの日も手ごたえを感じてまたひとつ強くなれました。聴いていただきありがとうございます。

15日は、あえて赤坂駅ではなく青山一丁目駅で降りて港区立の赤坂図書館に行こうとした。それで、建物はすぐそこまでは来たのに入口がどこなのかわからなくて、警備の人に聞いてもわからなくて、結局入らなかった。死ね死ね死ね死ね死ね死ねと呟きながらGoogleMapに従って、金持ちの家の庭みたいな裏道通ってテンジクまで20分くらい歩いた

 

なんか、バンドマンって、ていうかバンドのボーカルの人って、ライブしてて気持ちが昂ぶると上半身の服を脱ぐじゃないですか(ピンとこない人へ:そういう層があるんです)。それをみて、普段はなんとも思わんけど、たくさん飲酒をしている状態だと「楽しそう!→ わたしもあれやりたい」ていう最悪な発想に至ってしまうんですよね。だけど「わたし脱いでも絶対しらけるなぁ。今日は一応やめとこ。あの人が脱ぐから面白いのであって」と逆に冷静になったので良かった

 

帰って、寝て起きて、16日、大塚に向かった。めちゃ典型的なライブハウスの図だった。みんな酒をガンガン飲んでいた。サチモスが紅白で言ってた「臭くて汚ねえライブハウス」の空気が最高においしかった。大塚から新宿に移動して、2000円払って歌舞伎町のステージに3分だけ立って、すぐ出て、そこのファミマで酒を買って、袋いりませんって店の前でガーッと飲んで、そのへんに缶を捨てて(歌舞伎町は街の存在自体がゴミのようなものなので、別にいい)、大塚に戻った。1缶で済んだから、偉かったほう。tetoteのメンバーの方が「人格が変わって帰ってきましたね!」と仰ってくれて、よかった。(よくねーよ)   あ〜そうなんだなぁと思った。

バンドばっかりの日にわたしだけポツンと個人で弾き語り というパターンの日は百戦錬磨なので(昨日はそうでもなかったけど)、もう、タバコの煙やピアスまみれの人にビクビクしたり楽屋で機材置けなくて肩身のせまい思いをすることもない。面倒なので作り笑いはせず、テキトーな世間話に応じて、そんなんしててでも接してくれる人はいい人だとわかる。それにみんな音楽という共通言語があるし鈍器で殴れば死ぬ人間なんだし怖くない。怖くなくなった。ライブハウスで起こるほとんどの出来事は、みんな明日には忘れる

どうやら、あとで聞いたんだけど大塚の駅前の100ローソンのウコンのチカラが売り切れてたらしくて、Deepaにいる人たちが涸らしたんだろうなと思った。馬鹿じゃねーの…

anoのライブ見れんかったけど楽しかった。"あの頃"にERAやWARPで知り合った仲間は、今ほとんど顔を合わすことがないから、わたしがアルコールに見せられた幻だったのかもしれない。けど、ハシゾエも関根も昨日、ちゃんといてくれた。だから幻じゃなかったんやなと思った

書けそうだよ   きっと 書くよ

 

あー楽しかった! 各自がんばる。だからわたしも明日からがんばれる。嘘じゃなく。

 

あ、書くと言えば

手帳に嫌な予定を書き込んだら手帳をひらくたびにそれを目にしてしんどくなるので、最初から嫌な予定を入れないことにした。寒くて鬱だし。冬が終わるまでは。人間関係なんてな、どうでもいい人は勝手にいなくなるから大丈夫なんだよな。金も時間もわたしのもんや

0214 回復とは回復し続けることである

最初の断酒は9日続いて、薬が変わった(=飲酒できる状態の身体になった)のをキッカケに再飲酒。その後4日断酒して、昨日再飲酒。なにがトリガーになるかわからん。飲みたい!って思ったときに、頭と体が一致しない感じ。

せめて学んだこと。「一口だけ」飲んでやめとく、は、ほぼ不可能。絶対に1缶すべて飲むことになる。

駅のベンチとかコンビニの前とか路上で飲むストロングゼロがあんなにも気持ちいいのは何でなんだろう。ひとりで飲む。

今日読んだ本に「回復とは、回復し続ける状態のこと」と書いてあり、目からうろこだった。ダルクの本なんだけど。しらふでいる、今この瞬間もまさに「回復」してるんだと思う。ちょっとでも、ちょっとでも前に進めていたらいいな

あ。三ツ矢サイダーCCレモンを飲んでストロングゼロを飲んでる気分になろう、と思い買って飲んでるけどこいつら普通にジュースとして美味しい!笑

先生いわく、「片山さんはまだ本当のアルコール依存症の域まで行ってないよ。だって断酒で手が震えたり幻覚が見えたりしたわけじゃないでしょう。だからまだ大丈夫。引き返すなら今。」うん、まさにそうで、身体的依存はまだ出てなくて。けど、精神的依存というかやっぱりアルコールに未練があって、店頭で見ると手を伸ばしそうになる。だからそもそも売り場に近づかないようにして…

 

「とりあえず今日1日だけやめておこう」。明日や来週のことなんて考えなくていいから、今日。今日とりあえず断酒をするわたしを生きる。何日続くかとか最初から考えない。今日。今日を終えろ。

 

飲酒を無理やり封じ込めたら、その代替として髪の毛抜いちゃう量が増えたり、頭皮をえぐる頻度が増えたりという感じ。本当にわかりやすく増えた。ハゲてるハゲてる。だからそれを阻止するべく、「手遊びのおもちゃ」が必要になる。右手にスマホ、空いた左手で抜毛しちゃうから。読書中とかもついつい。だから片手で手遊びできるおもちゃ。それこそまさにハンドスピナーとか。今はストレスボールとかスクイーズボールとかをにぎにぎしてる

 

あと、氷を食べたい欲求が久しぶりに……。十中八九これは貧血のサインなので、なんとかしないといけない。貧血が治った瞬間に、正気に戻ったかのように「俺は今まで何を……?」って氷を食べる意志を失う、本当に。氷見ても食べようなんか微塵も思わなくなる。鉄分の薬(うんこが黒くなるやつ)を飲んでた時期というのが高校生の頃から現在までに10回くらいあって、最近は調子よかったから無縁だったのに。それにしても氷、食べたいなあ。なんかねいい感じの食感の氷を作ってくれる製氷機があって、あれが置いてある飲食店は優秀。水・氷水・氷の3種類がボタンで選べるやつ。名前知らんけど、あのメーカーの製氷機の氷がいちばんおいしい、適度に空気を含んでいるからシャリシャリして食べやすい。サイズも細かくて良い。大体のはなまるうどんにある機械。サイゼリヤのドリンクバーの氷は座布団型のうすくて大きいやつを選り好みしてコップへ。飲酒欲求が氷食で済むならいくらでも氷食べるわ。それに実質水だし

 

あ、年明けから悩まされた肺炎は完治しました。点滴がいちばん効く

0206 発疹で銀河爆誕

f:id:katayamasayuri:20190206231349j:image

リアが充してるからブログ書いてる暇ねーな最近

 

 

不健康自慢

 

今朝から、首のつけね(首のつけねって何?)の、首の、髪の毛の生え際のとこに、たんこぶ的なの発生してて、ギューと押したら鈍い痛みあり。たぶん、最近ずっと、頭皮のかさぶたを数か所、広範囲で剥がして何度も何度も頻繁にえぐっていたから、そこから細菌が入った? そんなわかりやすいことってある………あるかも

 

 

 

※下はグロ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:katayamasayuri:20190206231855j:image

腕に天の川が爆誕した!キモイ!!!けど面白い。見事に少しずつ広がってるわ。たぶん薬の副作用。先生いわく薬疹(ヤクシンて言ってた)ならば3〜4日で消えるらしい  というわけでシアナマイド降板!「レグテクト」が登板!

0130 正気

断酒1日目、無事に成功。抗酒剤を服用したうえで飲酒したときどんなことになってしまうんだろうっていう恐怖がまさしく抑止力になっている感じ。不安だった入眠時も、寝酒なしで無事に眠れた。手の震えなどの身体的な症状はないんだけど、いつも飲酒している時間帯に飲酒をできないという違和感と戦うのがちょっとキツイ。精神的な依存だな。

朝あんな液体をちょびっと飲むだけで、ほんとにこれでアルコールを受け付けない体になっとるんかな?

けど、わたし今、正気だなあと思う。正気だわ。久しぶりに正気でいる。

 

 

片山さゆ里の動きとしては、今後は楽しい予定しかないから、ちょっと紹介します。

2/1、8、22(すべて金曜)は、新井薬師前の「しょぼい喫茶店」に出勤。わたしの担当は17時~22時。

news.livedoor.com

ここで働けること、決まってからずっと、とても楽しみにしていました。ぜひお越しください

11(月・祝)は新宿アンチノックで浅葉爽香のワンマンにゲスト出演

f:id:katayamasayuri:20190130182442j:imagef:id:katayamasayuri:20190130182459j:image

15(金)は赤坂クラブテンジク

f:id:katayamasayuri:20190130182409j:image

16(土)はダブルヘッダーです。まず18:30からanoの解散イベントに出演

f:id:katayamasayuri:20190130182435j:image

その後、新宿ゴールデンエッグでTASKEさん主催の朗読イベント。

 

21(木)は月例レギュラーで、高円寺無力無善寺

 

無理はしない。

断酒について

担当の先生のもと、今日から断酒を始めました。完全にアルコールと縁を切ります。(経緯は後述します)

断酒というのは、具体的にどうするのかといいますと、毎朝、抗酒剤という薬を飲みます。この抗酒剤というのは、人間の体内でアルコールを分解してくれるナントカって酵素を働かせなくしてしまう薬です。だから、抗酒剤が効いているうちに飲酒をすると、体内でアルコールが分解されず、二日酔いのもっともっとひどい感じの状態が訪れるそうです。それが怖くてわれわれ患者は飲酒できなくなるという、しくみです。つまり飲酒の欲求自体を抑えるものではありません。強い意志が必要です。

つきましては、ライブハウスやバーやクラブなどでお会いするみなさまにお願いがあります。片山に絶対に酒を飲ませないでください。抗酒剤を服用しているあいだは、一口の飲酒だけで救急車呼ぶみたいな感じになってしまうそうです。ギャグでもやめてください。すみません。2017年にやらかしてしまって(後述)からは、ライブハウスや居酒屋など「外」で飲むのは自粛していたので、理解してくれてる友達も多いけれど、今一度あらためて、お願いします。

たとえばライブハウスで、全員でテキーラショットいくぞ!みたいなのがあると、飲めない奴が場をしらけさせてしまうあの感じ、わかります。申し訳ないです。でも、ご理解ください。

わたしも強い意志でがんばります。

よろしくお願い致します。

 

+++++++++++++++++++++++

ここからはわたしの話↓

 

アルコールの乱用に関しては、過去にもあり、2017年に閉鎖病棟へ一度入院しています。

katayamasayuri.hatenablog.com

実家の富山にいたときです。なんかもうズブズブでした。酒に関しては語り尽くせないくらいいろいろネタがあります。

katayamasayuri.hatenablog.com

2017年の退院以降、実家の家族の監視下で「1日に1缶だけ」というルールのもと健やかに暮らしていました。かなり健康になったので2018年の2月にまた東京に出てきました。

しかし、ここのところ冬で気持ちがふさぎこんでしまって、コンビニでストロングゼロ鬼ころしを買って飲むと気持ちがラクになり、ここ1週間くらいは、ひとりでいるときは常に飲酒している状態でした。

f:id:katayamasayuri:20190129213804j:image

誰が作った画像か知らんけど本当にこんな感じです。

日に日に量が増えます。だいたい2本目にさしかかったくらいから心配事や不安事もなんとかなるような気がしてくるのです。

ライブハウスやクラブで会う友達が「飲まないの?」とアルコールを勧めてくれるのですが、ここ最近はずっと「こういう理由があるから飲みすぎるのが怖くて、外では飲まないことにしてる」と言ってジュースを飲んでいました。みんな「そうなんだね。えらいね」と言って理解を示してくれました。しかし、帰り道にひとりになると即コンビニで酒を買って飲んでいました。嘘をついていてごめんなさい。誰かといっしょにいる時は飲まずにいられるのです。

 

やばいときは職場で飲んでいました。この日記にも書いているのですが↓

katayamasayuri.hatenablog.com

ある日は、ストロングゼロを飲んでから出勤し、ある日は、鞄に忍ばせて出勤し、トイレの個室でこっそり飲みました。ある日は、早朝に目が覚めたので再び眠るために飲みました。ある日は、1日休みだったので最寄駅のホームで飲んでコンビニの前で飲んで街に出て歩きながら飲んで帰路で歩きながら飲んで、帰宅して寝る前にまた飲みました。ちなみに飲んでいるのはすべてストロングゼロ鬼ころしです。自分が何につき動かされているのかもうよくわからないのです。

これが「酒好き」「大酒飲み」ではなく「依存」なのかは明らかです。なぜならわたしは別に酒が好きじゃないからです。むしろ日本酒や焼酎やワインはおいしくないと思っています。眠りにつくためや不安を消すための道具として摂取しているにすぎないのです。

これらの罰として、わたしはお酒を娯楽にすることができない世界に投獄されたのだと思います。

お酒を楽しく飲める人がうらやましい!

実はすでに飲みたくて、つらい。でも自分の弱い心と向き合って、しばらくがんばります。しらふでも、世界は楽しかったはずだ~

0127 理性

f:id:katayamasayuri:20190127095200j:image

私の脳内の「理性」ご担当者様が最近ずっと欠席しているので、理性的に生きることが不可能となってしまっている。でも楽しい。

眠い 帰って寝たい。

エテュセの眉毛書くやつ便利。

 

寝たい