無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

無限のピーマンを仕込む

f:id:katayamasayuri:20180717144432j:image

「無限ピーマン」という有名なネット発祥レシピがある。これが本当に簡単でおいしくて最高なのだ。まず「無限ピーマン」という名前が魅力的だが、この名前の由来がどうも「無限に食べられるピーマン」「無限に白米を食べられるピーマン」というものらしい。そして実際そうなのだ。

ピーマンといえば子どもたちから嫌われてる野菜の代表選手。でも、大人になった今これを食べて「ピーマンってこんなに美味しいのか……」と思わせてくれた。そんなレシピ。ありがとうインターネット。

 

つくりかた(私の雑なやつ)

材料:

ピーマン1袋(5〜6個)

ツナ 1缶

ごま油  大さじ1

鶏がらスープ粉末  小さじ1

f:id:katayamasayuri:20180717144542j:image

まずスーパーでピーマンを買う。夏野菜ピーマン、今買わずにいつ買うの(今でしょ)。そしてひたすらにピーマンを刻む。頭とお尻を切り落として中を開いてタネを取り(このタネがびっしりしててキモイから実は苦手だがサッサッと処理する)、繊維の向きとは垂直に刻む。細長く刻む。食感の好みにもよるが5ミリ幅くらい。まあテキトーでいい

f:id:katayamasayuri:20180717144656j:image

↑できた。ちなみにこれはピーマン10個を刻んだ図。単純作業が苦じゃない人は楽しいよ!トントントントンって刻む

 

f:id:katayamasayuri:20180717144736j:image

これに、ツナ・ごま油・鶏がらスープ粉末 を和える。分量はピーマン5個につきツナ1缶(油をきる)・ごま油大さじ1、鶏がら小さじ1。あと、あらびき胡椒(ブラックペッパー)があればこの時にテキトーに振る。私は胡椒の味が好きなので過剰に振る。それを大きめのスプーンでザクザクとまぜる。ツナをほぐしてピーマンと満遍なく和える感じで。

 

それを耐熱容器に移してラップをかけてレンジでチンする。うちのレンジだと、ピーマン5個のときは500Wで2分(10個のときは4分にしてる)。まあこれもテキトーでいい、テキトーで

チンしたら再度よくまぜる。チンするとピーマンから水分がとても出ている。

 

f:id:katayamasayuri:20180717145246j:image

完成。できた。火を使わないのが嬉しい。できたてをすぐに食べても良いけど、タッパーなどの容器に移して、冷蔵庫で一晩おくと、味がなじんで最高になる。これに、いりごまやかつおぶしを乗せても最高になる。

とにかく、とにかく白いごはんが進む。美味しい。本当に白いごはんが進む。野菜嫌いだった幼少期の自分を鑑みれば、今ピーマンをおかずに白いごはんを食べている自分に驚く。ピーマン苦くてまずいと思ってたけど、これならお子さまもモリモリとイケるのではないか……? 夏は暑いからできるだけ熱いものは食べたくないけど、冷蔵庫で冷やしたこの無限ピーマンはモリモリ食べられる。あっさりしてるし。多分ごはんにそのまま乗せて丼スタイルでもいける。保存は、インターネットの説によると冷蔵庫で3〜4日もつらしい。

 

というわけで夏のおかずに苦悩している皆様は是非。簡単で美味しい!

きたない世界

f:id:katayamasayuri:20180710011844j:image

出勤!って30分前に家を出たのに今なぜか病院の天井を見ている。カバンも上履きもそこにあるのに、なんでこんなところで寝てるんだろう。行かなきゃいけんのに。

↑っていうのを点滴しながら打ってた。今だいぶラクになっておうちの布団にいる。昼間寝たから眠れん。それに2〜3日間くらいはサラッとしたもんしか食われんらしい。悲しい。

 

高崎でライブしてきた。高崎駅の周辺は前橋駅よりずっと栄えていた。新しくなる前の富山駅とちょっと似ていたし、新しくなってからの富山駅ともちょっと似ていた。新幹線止まるとことか。電車をおりて歩いてたら信号待ちのところで今回の主賓であるシステム、オール、グリーン君に声をかけられ合流。会場のguildは良さげな場所だった。バーカウンターでみなさんが談笑してたのがすごく印象的かつ羨ましくて、できるなら私も遅くまで残りたかった。ライブはみなさんよかった。あつかましい感想かもしへんけど、自分と似たマインドの方が多い気がしてなんだか嬉しかった(私は特に歌詞をめちゃくちゃ聞いてしまうタイプの音楽の聴き方をしていて、昨日のみなさんは歌詞からそんな印象を受けた)。guildのマスターのイケダミノリさんは「輩」って感じだった。たぶん歳がいっしょなんだよな〜。笑    高崎っていうか群馬県ってどんなところなんだろう。わりと気軽に東京に出られる? 車がないと暮らせない? 前橋は車があったほうが良さそうな感じがしたな。

高崎出身の「秀吉」というバンドが、ずっと憧れだった。私がライブハウスに出るいちばん最初、本当にいちばん最初に出た下北沢ERAは、秀吉も出てたからって理由で音源の持ち込みをしたんだった。他にも憧れのバンドがたくさんERAに出ていたけど。なんか、思い出しちゃった。懐かしいな、2012年の夏

 

こんなところに書くべきじゃないとは思うけど、最近ギターもって電車に乗るだけですごいストレスで、もう自分はライブハウスなんかで歌わないほうがいいんじゃないかと考えてしまう。なんだろう、気温がブチ上がってるせいだろうか。だったら春や秋なら平気になるかな。昨日だと、新宿から高崎までの乗車が(湘南新宿ライン)105分で、105分もずっと電車に乗っていられるだろうかという不安とか。案の定調子悪くなったし。こないだの柏も高崎も帰り道なぜか泣いてたし吐いてたし。なんでだろう。でも、やらなきゃいけない音楽なんてこの世にないし、いつでもやめられる。それにやりようはいくらでもあるんですよね、ギターもって移動するのが辛いならトラック流して歌うとか、

 

+++++++++++

っていうのを昨日まで書いてた。今日は何もできなかった。

しゃじんライナー

f:id:katayamasayuri:20180706034441j:image

柏は遠かった。疲れた。

日暮里で乗り換えたら「舎人ライナー」っていう電車を見かけた。読めんよねコレ。しゃじんライナー

 

書きものの仕事をいただいているから明日はそれをやる。やると言ったらやるんだぞ。けど「ガレージバンド」を使えるようになるにつれてめちゃくちゃ楽しくなってしまって、他の何も手に付かんくなるね。テスト前日に部屋の掃除始めたらめちゃくちゃ捗ってしまう現象と同じやつ。

 

実家、大丈夫かな。台風やら雨やら増水やら

体がなければ恋もできない

f:id:katayamasayuri:20180704185649j:image

ガムを吐き出さずに飲み込む習慣がある。正確に言うと、飲むやつと吐くやつがある。キシリトールガムは吐く。10円ガムは飲む。写真のやつも飲む。おいしい。


小学校6年生まで、夏休みは毎朝ラジオ体操に参加してたんだけど、あんな面倒なものにどうして通えたのか不思議で仕方ない。うちの地区は、なんか…空き地?駐車場?に集まってやってた。ラジオ体操って、最初に「ラジオ体操の歌」が流れるけど、誰も歌ってなくて(あれ歌う小学生いるのか?)、その時間がまさに“虚無”でヤバかった。ひとことでいうと気まずい。「♪あた~らしい朝がきた  希望~の朝~だ♪」何なんやあれ?私の地区の小学生たちは集団登校(強制)で毎朝一緒になってるのにそんなにめちゃくちゃ仲がいいわけでもなくて(というかそもそも子どもが少なくて、全員集まってもせいぜい10人とか、だから各学年3人いたら多いほう)、特におしゃべりするでもなく、みんな眠い顔で無言で立ってる。カードを首から下げて、義務的に体操して、やれる振り付けは普通に、ダサくて恥ずかしい振り付けは小ぶりにやって、終わったら高学年のリーダーの子にシャチハタのはんこを押してもらって、帰る。そんだけ。もちろん全員が来るわけではなく、来ない奴は初日から最終日まで貫徹して1回も来ない。毎日来てる奴は毎日来てる。来てるけど、意欲的な奴は多分ひとりもいない。なんとなく来てる。ラジオからは元気なオッサンの声と元気な歌が流れる。「♪そーれ1!2!3!」みんな目が死んでる。
なんで行ってたんだろう、家で寝てればよかった。でも思い返せば、ラジオ体操に行って帰宅してから二度寝をしていた記憶は全然ない。つまり夏休みの規則正しい生活にちゃんと役立っていた。えらすぎるでしょ私。えらすぎる。今やれって言われても絶対無理だ。

 

その人が今何やってるかとか全然わからなくなっても、ずっと心にこびりついてる音楽、わりとある。思い出しては口ずさんでる。食器を洗いながら。自転車をこぎながら。

soundcloud.com

「何もかえってこない  海に投げた石のように」「体がなければ恋もできない」「私は遊覧船で海をゆく」「心があっても言葉がない」「さながら私は幽霊船だ」 


ここんとこ毎日、起きて、顔洗って、コンタクト入れるためにレンズのケースのフタあけて指いれたら、保存液がお湯になってる。暑くて。

 

先日「セブンイレブンに売ってる、明太子と青じそのパスタがおいしい。ずっと売ってほしい」ってブログに書いた矢先に、店頭から消えた。というのも、昨日も帰り道のセブンで見つけたから、また買って帰ろうとして手にとったら、なんか変なのだ。一見「明太子と青じそのパスタ」なんだけど、よく見ると「しめじ」が乗っている。あれ?しめじなんか入っていなかったはずだ。ちなみに私はきのこが得意ではない。それで商品名をよく見ると、乗っているのは明太子ではなく「たらこ」らしかった。これはもう完全に別物だ。

コンビニの飯って、常にいるレギュラーメニューと、入れ替わり立ち替わり流転するメニューがあって、明太子と青じそのは後者だったんだと思う。時期を終えて消えたのだ。悔しい。飽きるくらい食べたかった。さよなら。あわよくばまた来年の今頃に出回ってくれ。

 

そろそろ自炊したい

 

なりゆきで、最近さまざまな蒸しパン(市販のやつ)を食べているんだけど、

f:id:katayamasayuri:20180704210338j:image

なんだかんだで「北海道 チーズ蒸しケーキ」がいちばん好きだ。

 

明日は、はじめて訪れる街、千葉県の柏でライブです。柏…レイソル

げつきょく駐車場

f:id:katayamasayuri:20180703144910j:image

 

しごとば、私がポンコツなのにボスが優しくっていつも泣きそう

 

昨日は赤坂でライブをやってきた。先週も書いたけど、普段一切地下鉄に乗らないから、地下鉄に乗るたびに「東京にいるんだなあ」と思う。私にとって地下鉄は東京の象徴らしい。無機質に、ただホームまでたどり着くためだけに作られた通路を上って下りてくねくねと、歩いてるときは神様に全部見透かされている感じがする。透明なパイプの中で遊ぶハムスターを愛でるみたいな。私たち滑稽。

銀座線とか浅草線とか丸の内線とか、名前を聞いても、東京のどこを走ってるのか全然わかっていない。銀座のあたりかな…とか、浅草のあたりかな…とか。昨日は銀座線と千代田線に乗った。ふと地下鉄サリン事件のことを思い浮かべてゾクゾクする。事件当時は物心ついてるかついてないかくらいの頃だから、リアルタイムでの記憶はあんまりないけど、村上春樹の「アンダーグラウンド」というノンフィクションを読んだ。Twitterでもたまに言ってるけどこれ本当におもしろくて、いや、不謹慎かもしれないんだけど、夢中で読んでしまった。ページをめくる手が止まらなくなる読書体験って大人になってからはあんまりないけど、この本はそれだった。村上春樹の本、このほかは全然知らん。全然読んだことない

ブッキングのハルトニーさんが私のことを絶賛してくれて、とても嬉しかった。なんか、こういうとき、決して万人に響くものではなくても、やっていてよかったなあと思うし、自分のことを自分で肯定できるから幸せ。ゼロからプラスに向かうことはなくとも、間違いなくマイナスからゼロへとサルベージされる。

なんか、詳しく書けないんだけど、対バンのkihoさんがポロッとこぼした「この時間が苦手」って言ってた時間、私も本当に本当に苦手。消えてしまいたくなる。

ライブのセットリスト書いて提出したら、あとからスタッフの方「すいません、9曲書いてあるんですけど、持ち時間25分なんですけど」て言いに来られて、あー…そうなんだなあ…と思った。ちょっとおもしろかった。時間内にちゃんと9曲やれた。


最近やっと、「購入を躊躇してる時間が無駄なもの(買ったほうがいいもの)」が見抜けるようになってきた。540円の赤いアイシャドウを買ったら、やっぱり「買ったほうがいいもの」だった。「ていうか540円て。そんくらいポンと買ったらいいのに。」思うけど、540円すらためらうような心持ちで生きてた。なんというか……… 自分のテンションを上げるためのものにはそこそこ金を使っていいということがわかった。遅いかな?今からでも遅くないよね。使おうね。金。ひさしぶりに自分のことまあまあかわいいと思えて自撮りなんぞしてしまったわ。


2月に引っ越してきて、まだ住民票をうつしていない。

 

普段1980円のイヤホンで音楽を聴いている。25000円のイヤホンがほしい。イヤンホホ

 

人に心ひらくのに死ぬほど時間がかかるんだなと気付いた。それこそ年単位とか

 

ゲボ吐くみたいに小説を書いてる、誰にも見せないから、楽しくて楽しくて仕方がない。人と会うより、なんか、ひとりで、詩を書いたり歌をつくったりブログ書いたり、こういうことしてるほうがずっと楽しい。頭の中の海、ときどき沖に寄せてくる宝物を逃さずキャッチして言葉や歌にあらわすのが楽しい。ずっと自分と遊んでいられる。そしてそれが悲しい。

 

空腹じゃないときにも腹が鳴るんだけど、それ、クゥーンって犬の声みたいでいつもちょっとかわいい。「犬飼ってみたいな~」「飼うなら長毛の犬だな~」とか思っていろんな犬種をググってたけどおまえすでに腹に犬飼っとるやん。

 

テレビで、インスタの利用率が最も高い都道府県が富山県って流れて、自然に、本当に、ごく自然に、「最悪だな」と言ってしまった。びっくりした。(そう言った自分に)

インスタが害悪って言ってるんじゃなくて個人的な話で、もしも20代を地元で過ごしたら、マジで自殺を選んでいた可能性があるな~と思った。好きなんだけど、地元。


「毎日そんなこと考えて生きてんの?しんどくないの?」と言われて、うるせーーーー死ね!思った(けど口に出さずに我慢したからとても偉かった)

ちょっと考えればわかるよね

f:id:katayamasayuri:20180702155016j:image

うまくいってると思ってたんだけど、暑くなったとたんバタバタとダメになってしまった感じ。調子がよくない。エアコンつけても、なんか。いっかしょしか涼しくなくて動けん。なんも手につかん。写真は久しぶりに作れたメシ

 

後輩が主宰をつとめる「プラトンチーム」という劇団の公演を観るために高田馬場へ行った。いや、ご本人たちは劇団っていわずにコントチームと名乗っているようなので訂正。プラトンチームという"コントチーム"の公演です。内容はコントの短編集みたいな感じ。オムニバス形式。楽しかった。楽しいの、いいなあと思う。当たり前のことだけど、私たち観客が「楽しい」だけの気持ちでいられるそのために、つくる側は「楽しくない」も経ているんだろうなと思うと、あらゆる"楽しい"のエンターテイメントが尊い。まあ私は客だから本来そんなこと考えんくていいんだけど。内容に戻ると、女ヤンキーの話がよかった。私は中学生的な心を永遠に消し去ることができないから異能バトルものなんかは否が応でも気持ちが高揚してしまう。役者さんがみんな魅力的だった。主宰の永野もあいちゃんが各々の良さを引き出してる感じがした。うわ、しばらく演劇から離れたらびっくりするくらいありきたりなことしか言えんな。なんか、コメディーっぽい舞台やお笑いって「この人が出てきたらきっと何かやらかしてくれるぞ」みたいに思う役者さんがいる時があって、どんなに多くの人が出ていてもその人が出てきたらみんなワクワクが高まるみたいな(与えられている役柄の問題ではなく)、そういうのいいよなあ。今回は、どの役者さんも、その人が出てきたら「おっ」と思った。内容が進むにつれて(役者さんたちの「らしさ」がわかるにつれて)、それぞれの登場に「おっ」と思うようになる。

演劇に限らないけど、風貌や喋り方に、払拭できない「その人らしさ」が出てる人を愛おしく思う。何でもスマートに演じられる、何にでもなれる人はうらやましいけど、何の役を演じてもその人にしかならない、みたいな人は、もうそれは生きる才能だ。私は演劇やってたとき「カタヤマは何を演じてもカタヤマだね」って言われたのがたまらなく悔しかったんだけど、もしかして私すごい才能あったのかも? と思ったけど、きっと私たち誰もが、どんなにあがいても結局自分以外にはなれないんだよな。…って、久々に演劇を観てつくづく思いました。

今でこそ、どちらかというと内向的なほうの表現をやっていると思うけど大学在学中は明るいことしかしていなかった気がする(おそらくその反動が今きている)。ベイブレードとかカードバトルとか異能バトルとか美少女戦隊とかそういうのを死ぬまでやり続けたいんだよな。また私もバカっぽいことだけをやる名義をつくろうかなあ。自主イベントでだけライブやる。笑

昨日は憂鬱で憂鬱で仕方なかったけど、今日は元気になれた。帰り道、都心の街並みがきれいに見えた。


あと行き帰りに駅でそういうファッションの人を何度か見かけて思い出した、そういえば高田馬場V系の街だった。


バナナをしばらく常温に放置したら、大変なことになってしまった。おそらく5日間くらい。いや、買った日から数えたらもっともっとかな。体調があんまりよろしくないから余裕がなくて全然台所に立てなくて、ずいぶん長い間バナナを置きっぱなしにした。今が夏であることを完全に失念していて、気がつくとバナナは室温で死んでいた。感覚としては……普段ジャガイモと玉ねぎを常温に置いていて、だからバナナも同じように放置してしまった感じ。愚の骨頂である。バカか? 自炊が板について、台所まわりのことはひととおり大丈夫になったつもりでいたのに、こういう凡ミスをやらかしてしまううちはやっぱり、まだ、うーん。

どうしてこんな簡単なことがわからないんだろう、っていう失敗があると、結構へこむ。一瞬立ち止まって10秒考えればわかることなのに。根菜は常温でいいよね、トマトは冷蔵庫入れるよね、バナナはどうかな? 暑いとこ置いといたらどうなるかな?って。あーあ、いつもいろんなこと、考えすぎるくらい考えるのにな。今まで、バイトとかその他の場でも、なんかやらかした時に【ちょっと考えればわかるよね?】って(←まんまこれ)言われたことが何回も何回もある。いつも余計なこと考えすぎなくらい考えて想像力働かせてずっとビクビクしてるのに、肝心なところに注意が及ばないのは、何なんだ。

バナナの下に水たまりができてるのに気づいたとき、ちょっと悲鳴が出た。孤独死の遺体もこんなだろうか。

誰にも迷惑をかけない失敗でよかったな。


薬局で、ラメたっぷりのアイシャドウのテスターを試しまくったら、手の甲にいろんな色の銀河が生まれてた


これまで春高サッカーやらワールドカップで、世の中がサッカーで盛り上がるたびに、「オフサイド」がどういう反則なのか人に尋ねてきた。通算300回くらい聞いて今、ようやく少しだけわかった。

なんか、「人と人の間に人がいたらダメ」らしい。

やっぱり何もわかってない気がしてきた。


っていうのを昨日書いていて、そのあと漠然と不安になってしくしく泣いて、泣き疲れてそのまま寝た。起きたら経血が布団に漏れてて、さっきまでお洗濯祭り開催してたところ。

暑い。苦しい。これから赤坂行ってライブ。

これはペンです

f:id:katayamasayuri:20180701001625j:image

鼻かんだら脳みそが出た。脳みそはオレンジと黄色のあいだ、やまぶき色。まだ鼻に残ってるしもう1回。ティッシュに脳みそが出る。5回くらいでようやくスッキリした。ゴミ箱に、脳みそティッシュがこんもり。こうやって、風邪ひくといつも鼻から脳みそが出ていくから、鼻をかむ数だけ脳みそを失ってバカになっていく。だから、ちゃんと健康でいないと、いつか頭からっぽになってしまうよ。

 


今日は久しぶりに鬱っぽくてしんどい。ああ憂鬱だ。立ち上がって冷蔵庫にお茶取りに行くとか、その程度のことがなかなかできない。音楽をきいたら泣いてしまう。不安だなあ、不安だ、不安、不安不安。いつか大丈夫になれるんだろうか。

インターネット見てたら、私以外にもダメな人たくさんいるんだってわかるから安心する。仕事行けない、起きれない、眠れない、バカみたいに食べちゃう、逆に吐いちゃう、薬たくさん飲んじゃう、考えすぎちゃう、大切な人に嘘ついちゃう、生きてることに罪悪感がある。私だけじゃないって安心する。生きてることに罪悪感がある。毎日サイコーって言ってるやつのことなんか信じられるもんか。ダメじゃない人に、ダメな人のことを知ってもらおうとする風潮が最近あるのかなと感じていて、それが救いだ。ダメなみんな、各々、どうにかふんばろう。

 


ふと昔のブログを読み返したら、必死で生きてる若者がそこにいて、2018の今生きてる私よりずっと、生きてた。

 


体だけが処女のまま、心の清らかなところがどんどん濁っていく感じがする

 


ああ  愛フォンのケースのミッフィーちゃんにたくさん傷がついてるのに、記憶をたどっても心当たりがない。ごめんね。かわいいかわいいうさちゃん。悲しい。液晶が割れてないだけマシか。

 

セブンの、明太子と青じそのパスタとっても好み。ずーっと売ってほしい。

 


書いた歌詞のテキスト見てるだけで涙こみあげてくるような曲をライブでまともに歌えるわけがないんだよなー

 


知り合いと友達の違いは何か考えてみた。好意の有無だなって思った。

 


音楽やるのに性別が本当に邪魔だ。くやしい。性別なくなったらいいのになとは思う。でもわたしだって女の子ですし、ヤマもオチもイミもない、長くてフワフワした話でも怒らずに聞いてくれや。複数でも1対1でもすぐ聞き役になってしまうけどブログには無限に書ける。

 

No music No Lifeって書いてあるTシャツ着てるやつがイヤホン外したからあいつ死ぬわwwwwみたいなネタあるけど。ほんとうに、早くして早く助けて早く助けて死ぬヤバイ死ぬ早く!どこいったの!ってカバンの中身ひっくり返してやっと見つけたイヤホン耳にはめて再生ボタン押してようやく深く息ができる、みたいな日がある


さあ音楽きいて泣こ