無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

ゴキブリ無理

f:id:katayamasayuri:20180910195328j:image

乾いてる洗濯物畳んで、ちゃぶ台に重ねてドンと置いといて、台所で昨日の食器洗って洗濯機の中の洗濯物干して、さぁこれから出勤じゃ~と支度しようとしたら、畳んである洗濯物の上に仰向けのゴキブリがいてウォワァァッと声が出た。結構デカい。たぶん3~4cmある。不幸にも裸眼でなくコンタクト入ってるからバッチリ細部も見えてしまう。グロい。まぎれもなくゴキブリだ。よりによってお気に入りのワンピースの上に。ああああ無理。なんで裏返しなん。キモすぎる。腹を見せるな。無理すぎて脳が停止しかけたけど、出勤まで時間もないので、とりあえず少し離れたところからジェットを噴射してみた。反応がない。もう少し近づいて噴射。反応がない。どうやら死んでいるようだった。どうにかして玄関から外にお送りした。そのまま土に還っていただく。なんで仰向けだった?いつからいた?どこから来た?いつ死んだ?もしかしてワンピース畳む時点で付着してた?それとも天井から落ちてきた?死骸の状態で?どうやって?やっぱり洗濯物の上にたどりついてヨッシャ死のって死んだ?どうやって仰向けになる?そんでこいつレベルのサイズのが家にまだいる?流し台の排水溝ちゃんと定期的にキレイにしてるし生ゴミも食いもんのゴミも小まめに出してるのにそれでもダメ?というか家に置いてるブラックキャップはちゃんと機能しているのか?……あまりにトリッキーな出現だったため謎が多すぎて、考え事や焦燥感が止まらず、出勤してからも数十分引きずった。けどおやつタイムの頃にはゴキブリのことなんてだいぶ忘れていた。よかったね~!という写真

さくらももこの「いきもの図鑑」ていうエッセイを小学生か中学生の頃に読んで、それいろんな生き物についてのエッセイが載ってるんだけど、確か「ゴキブリ」っていう項目があった。それで、何を書いてたかというと、ゴキブリが嫌われている理由を挙げて「そうでなければゴキブリもカブトムシみたいな立ち位置になれたのだろうか?」みたいな話。だったような気がする。ゴキブリは黒いから無理→きれいな色だったら好かれた?、動きが速いから無理→動きがゆっくりなら?、どこにでもいるから→希少価値がメッチャ高い虫だったら?、みたいな話。結局どういうオチだっけ。でも、もしゴキブリがパステルカラーで動きが緩慢で希少価値のメチャ高い虫だったとしても私は、「ゴキブリ」っていう名称の語感が無理なので無理。解散!