無限ワンアップ・改

さゆゆだよお

7月8月の読書記録

■13階段 / 高野和明 なんかのきっかけであらすじを知って、これ絶対私好きな系の話だろうなって中学生くらいのときからずっと気になってて、読もう読もうと思いながら読んでなくて、図書館行ったら閉架だし、そしたらたまたまブックオフで入手できてようやく…

何もできない

順調かと思えたパートタイムジョブに、ある日突然行けなくなってしまい、そのまま私が自主的にやめるような形でクビになった。東京を離れてからアイデンティティをずっと探してたけど、とうとう自信が底をついた。こんな簡単なことすらできない自分なんかに…

スーパーマーケットファンタジー、そして酒クズと図書館

富山に帰ってきてから2か月、3件不採用を経たのちようやくバイトが決まり、めでたくスーパーのレジを始めた。車を使わずに家から行ける距離で、私が幼い頃から何度も何度も母と買い物をしたことのある小さなスーパーだ。よっぽど人が足りていないらしく、履…

片山さゆ里を応援してくださる方へ

音楽やめますという宣言ではないです。でも、ちょっと考えていることを正直に書きます。 現在、東京でライブ活動をバリバリやって音楽で売れたい(オーバーグラウンドに出たい)!というようなことは、一切考えていません。私にそういったことを期待してくれて…

2017年春の読書記録

春に読んだ本の感想などまとめ。1〜3月は読書どころではなかったので主に4月5月に読んだものたち。画像は自分撮影だったりアマゾンから拾ったり 目次★さよなら、ニルヴァーナ / 窪美澄★殺人出産 / 村田沙耶香★ブルーシート / 飴屋法水★すみなれたからだで / …

私の強迫性障害

トイレで、確かにおしっこを出し切った。でもまだ出る気がする。そして膀胱と尿道に意識を集中させると、まだ残っていたぶんが出る。それでもまだ出る気がする。実際に出る。私はこれを出し切らなければならない。その繰り返しで、トイレからなかなか出られ…

真実はいつもひとつ

ゴールデンウィークに、友人(おたく)(コナンファン)と名探偵コナンの映画をみにいった。本当はカラオケに行く予定だった。歌う曲リストまで作成して楽しみにしていた。しかし行きの車の中でコナンの話になり「映画行く? 今から行っちゃう?」「え、でももう…

「展覧会に飾る絵はこれが私の人生だっていうつもり」

ちょっとした機会があり、富山県民会館へ日展をみにいってきた。日展というのは、わからんけど日本各地から美術作品がたくさん展示されてる系の展覧会だ。略して日展だ。知らんけど。ちなみに来場者のほとんどは私より年齢が上のように見えた。あまり若者が…

いのち

家の前にスズメの雛が落ちていた。昨日の夕方、父が発見した。まだ生きていた。家の屋根の瓦の中に巣を作っていて、どうもそこから落ちてしまったらしい。小さく切ったタオルを巣の近くの瓦に噛ませて、その上に雛を戻してやった。今日の午前中までは、小さ…

風が吹いたら桶屋が儲かるゲーム

「風が吹いたら桶屋が儲かるゲーム」という遊びがある。かなり前のドライブ中に友人から聞いて知った。よっぽど暇だったのかもしれない。とてもシンプルかつ、(悪くいえば)くだらない遊びだ。 遊び方は簡単。使うものは何もない。 1、「何をしたら(スタート…

大量の水を眺める

25日(火)。眼科でコンタクトをもらってから心療内科に行くという予定が、眼科が休診日だった。せっかくトヤマ駅まで出たのに、悲しい。眼科休診により、心療内科の時間まで馬鹿デカい暇が発生してしまった。せっかくなので、駅裏の某公園に散歩してきた。そ…

舞台の上は戦場

某年3月。私はダメ元で受験した東京の国立大学に見事合格した。東京に憧れてはいたが、東京でさらに私立大学となると学費の問題で4年間通わせることは難しいと両親に言われていた。しかし国立大学に合格できた。これで学費の問題はクリアできた。いざ憧れの…

桃色の恋・最強の恋

見るものすべて桃色にフィルターがかかるようなバカな恋を、24歳でようやく卒業できた。遅い。遅すぎる。ずいぶん長い間、バカな女だった。そしてバカな処女だった。どうしてもこのひとが欲しくて欲しくて、自分のものにしたくて、この人じゃなきゃ嫌だった…

世界と繋がるためのラジオ

いちばん古くは、KNBラジオ。母が車で聴いていた。KNBというのは北日本放送のことで、日本テレビ系列の富山県の放送局。KNBラジオはAMだった。小学校5年生〜中学生まではKNBラジオばかり聴いていた。お気に入りの番組もあった。もちろん富山県でしか放送され…

セーブしたい

あの子、たくさんのいいねに埋もれてきっとそう遠くない未来死んでしまうんだろうなと思った。不特定多数の好意、善意、そして悪意、たくさんの矢印があの子に向いている。でも早めに死んだほうが幸せなのかもしれない。あの人の本気は噂より大したことなく…

さゆ的・読書のやりかた

さゆ的・楽しい読書ライフの作法をまとめました。 ★どんな本を読むか ・友達、著名人、誰でもいいから誰かが薦めていた本。身近な人だと良い。少なくとも1人は面白いと言っているということなので、読んでみる価値あるぞ ・読書案内の本で紹介されてる本。上…

Facebookに載せない近況

音楽やってる場合じゃねーんだよ! 3/20に富山の実家に帰ってきて、2週間が経ちました。静かに暮らしています。 とりあえず、東京にいたときよりも格段にすこやかに生きています。東京での日々がマジにワケワカンネーくらいすこやかです。前の夏に死んじゃっ…

村田先生

小学校の1、2、3年生のとき、担任は村田先生という先生だった。(当時は)若い、女の先生。年齢は、最後まで教えてくれなかった。干支ならどうかと思って「先生、何どし?」と聞いたけどもちろんダメだった。とても明るくて朗らかな先生だった。生徒のことは苗…

音楽の時間

三鷹にある「おんがくのじかん」という場所でライブをしてきた。 名前はよく耳にしていたが、初めて訪れた。地下に続く階段をおりて、恐る恐るドアを開けると、そこに「おんがくのじかん」はあった。こぢんまりとした空間で、小さなステージがある。ステージ…

図書館は朝を待つ

一昨年の春から、図書館でアルバイトをしている。自分の所属する大学の学内にある図書館だ。 それは東京都心から少し離れた場所にある平和な教育大学だ。学生は、よく言えば真面目(悪く言えばダサい)。図書館の利用者は大半がうちの学生、教員、職員。あと、…

弱いまま開かれた世界へ

8年通った大学を3月で退学する。そのうち2年間は休学していたから実質通ったのは6年だが。 「大卒」の二文字が強いのは知っていた。強いっていうのは、就職とかにおいてだ。だから大学を卒業したかった。「大卒」という勲章が欲しかった。入学したからには卒…

号泣の紀伊国屋書店にて

いつも文庫本はブックオフでしか買わない。それも、108円コーナーの中からのみ。だから、いつも駄菓子を買う感覚で文庫本を買う。108円コーナーには、いわゆる文豪と呼ばれる作家のものから昨年のベストセラー小説まで、わりと幅広い品揃えが展開されている…

久々書きます

たぶん寒さのせいなんだけど、けっこう弱っています。薬が効いてるとき以外は死にたい死にたいとばかり考えてる。北陸の、葬式みたいな冬が嫌いで逃げてきた東京も同じように寒い。葬式っぽさは薄れても、冬は冬だった。きっとどれだけ南に行っても、冬とい…

Facebook見てると病む

気分転換にベッドじゃなく床で寝てみる 裏アカから引用: 『夢は最高のエンターテイメントだよ、ある意味ずっとゲームマスターだし、空も飛べるし、クライマックスで私は死ぬんだって思っても死なないし、物理的に会えない人にだって会えるし、いちばん最高…

根拠なんてなくていいよ

昨夜はベースメントバーでライブでした。カホリちゃん、将来楽しみだなあ。あしからズも良かった、どうやら同い年だから人見知りせずにもうちょっと喋れば良かった! そんで工藤ちゃんと岬たんと「光の森」って立ち飲み屋で少し飲んできた。アイドル現場の話…

お客さんに「無限ワンアップ読んでます」と言われた

今週をプレイバック。 19日。 かずちゃんというイベンターの主催イベントに出る。高田馬場のハコ。私には珍しいお昼のイベント。7月に偶然知り合ったおかありなというシンガーがいて、この日一緒で。演奏を初めて観たんだけど、久しぶりに肝の座った女性シン…

イイネの罠

昨日は無力無善寺でライブだった。朝起きれなくてバイトの研修に行けないダメダメな私も、無善寺に行けば、まだ大丈夫だなって思える。無善寺では、いつも自分の演奏後にお客さんひとりひとりに「今演奏してた片山といいます、よろしくお願いします」と名刺…

5回読み返したら次に進める

去年の春から図書館でバイトしてるんだけど、今が閑散期で、プラス、今日はバイトが1人休んだためカウンターから離れられなかったのでカウンターにいる間めっちゃ暇で、Word開いて作詞する(業務用パソコンが目の前にあるので)、それも終わる、それから持参し…

絶対最強の

貸出と返却のルーティンワーク、時間がきたらカウンターにたまった資料を配架、あとは資料の書き込みを消しゴムで消したりしてそれでもどうしようもなくやることがなくなったらWordひらいてポエムとか書いてればバイトが終わるよ。できること増やしたいから…

ありがてえこってす

今日のライブはお昼だった。お昼というか朝。血圧が低くてツラかった。アイドル色が強めのイベント。呼んでくれる主催の方に、本当に頭が上がらない。今の私には集客力がない。賑わう物販、私のところだけ誰もいない。ひとえに不思議に思ったので、主催の皆…